標準的な運賃,国土交通省,自動車局貨物課,告示,全日本トラック協会,セミナー,勉強会

本日は社員2人連れて、都ホテル京都八条で開催された「標準的な運賃」普及セミナーに行ってきました。

「標準的な運賃」は今年の4月24日に国土交通省の自動車局貨物課から告示されたものです。

この告示は令和5年(2023年)までの時限措置です。

なぜ令和5年(2023年)までの時限措置かというと、令和6年(2024年)からは、「働き方改革」の制度により年間960時間の時間外労働の限度時間が設定されるといった事情が絡んでいます。

「標準的な運賃」に関しては、荷主から適正な運賃を収受しやすくなるように設けられたものなので、荷主にも理解してもらう必要がありますね。

まずは、我々運送事業者が勉強する必要があるってことで、本日の勉強会が催されました。

しっかり勉強したいと思います。