目次はこちら

 

 

あなたは『ロンドンハーツ(通称『ロンハー』)』

というテレビ番組をご存知ですか・・・??

 

クリックするとウェブサイトにジャンプします。

 

 

 

そうです、日本PTA全国協議会による「子どもに見せたくない番組」の調査で、

2004~2012年まで9年連続で1位となった(笑)、

ロンドンブーツ1号2号の冠番組です。

 

私も6歳の娘と0歳の息子がいる父親なので(2013年2月19日現在)、

この『ロンドンハーツ』を子どもの前で見るか、

もしくは、子どもが見たい!と言った時どうするか、

を検討しているところです・・・(笑)

 

 

まだ1位・・・??

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック

 

 

 

さて、この『ロンドンハーツ』ですが、

オリジナルネット番組『ロンドンハーツネットムービー』として、

テレ朝動画とYouTubeでネット配信されており、2012年11月に、

シリーズ累計1億回再生を突破したことをご存知ですか・・・??

 

テレ朝動画

 

YouTube

 

 

現在、『ロンドンハーツネットムービー』は、

YouTubeチャンネルだけでも再生回数は1億回を突破しており、

チャンネルの登録者数もドンドン増えています。

 

ちなみに、『ロンドンハーツネットムービー』の

facebookページのファン数もスゴイです。

 

facebookページ

 

 

この『ロンドンハーツネットムービー』は、

放送後のテレビ番組をネットで流すのではなく、

ネット向けの独立した企画として作られているところがスゴイですよね。

 

海外に住む日本人や、

日本のバラエティ番組を愛好する外国人の視聴者も多いので、

一部に英語の字幕をつけたりもしています。

 

『ロンドンハーツネットムービー』と

テレビの『ロンドンハーツ』を見比べてもらえば分かりますが、

ネットだからといって一切手抜きをしておりません。

 

『ロンドンハーツネットムービー』は赤字覚悟でスタートしたらしいですが、

今やスポンサーが付き利益も上がっているらしいです。

 

 

ではなぜ、『ロンドンハーツネットムービー』が成功したのか・・・??

 

 

 

まだ1位・・・??

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック

 

 

 

私は、番組プロデューサーと田村淳と有吉弘行の

『時代を読む目』『ITリテラシー』によるものではないかと思っています。

 

Twitterのフォロワー数が日本一になったことからも分かるように、

ロンドンブーツ3号を自称する『ロンドンハーツ』レギュラーの有吉弘行も、

『ネット』の重要性は認識していると思われます。

 

番組プロデューサーはもちろんの事、

頭の回転が天才的に早い田村淳も『ネット』の重要性を認識していたはず。

 

制作側の“息”と、

プレイヤー側の田村淳や有吉弘行の“息”がピッタリ合ったからこそ、

今回の成功に繋がったような気がします。

 

もし、プレイヤー側が、

携帯電話のメールすら出来ないような50~60代の大御所芸人ならば、

制作側の意向が全く伝わらず、50~60代の大御所芸人も、

「なんで、テレビじゃなくネット配信のために仕事せなアカンねん!」

みたいな感じで、

ネットユーザーに全くウケない番組になっていたんじゃないでしょうか・・・

 

そう考えると、これからの時代『芸人』も単に面白いだけじゃダメで、

そこそこ上に登り詰めるには、

『時代を読む目』と『ITリテラシー』が必要な気がします。

 

さらに考えると、私が属している運送業界しかり、他の業界においても、

『時代を読む目』と『ITリテラシー』が低い人間(個人)や会社(法人)は、

今後苦しみ続けるでしょうね。

 

私も子を持つ親なので、

日本PTA全国協議会のエライさんのご意見も分かりますが、

以上のような目線で、

『ロンドンハーツ』と『ロンドンハーツネットムービー』を見れば、

非常に良い研究材料となります。

 

まぁ、難しい事を考えずに見てももちろんOKで、

単純にメチャクチャ面白い番組なんですけどね・・・(笑)

 

ホント、田村淳と有吉弘行は男の私から見ても

“オットコマエ”なイケてる芸人です。

 

 

 

まだ1位・・・??

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック

 

 

 

では、この『ロンドンハーツネットムービー』を参考にして、

YouTubeを活用した動画マーケティングについて考えていきたいと思います。

 

 

 

 

まずは、YouTubeに関する驚きのデータをご覧ください。

 

・毎月 8 億人以上のユニーク ユーザーが YouTube にアクセスしています

・毎月 40 億時間以上の動画が YouTube で視聴されています

・2011 年、YouTube での再生回数は 1 兆回を超えました。

地球上のほぼすべての人が 140 回ずつ再生した計算になります

 

 

あなたは、YouTubeがGoogleに次いで

世界第2位の検索エンジンだということをご存知ですか・・・??

 

世界第1位はGoogleなのは分かりますが、

世界第2位は、Yahoo!じゃなくYouTubeなんですね。

 

しかも、YouTubeはGoogleの子会社です。

 

グループ企業は『同じ会社』だと捉えると、

検索エンジン世界1位と世界2位が同じ会社なんですね。

 

あと、もちろんですが、

YouTubeは動画をアップするのも動画を閲覧するのも“無料”です。

 

ここまでくると、使わない理由が見つかりませんね・・・

 

 

それでは次回は、

YouTubeをバリバリ使っている素人さんをご紹介していきたいと思います。

 

 

続きはこちら

YouTubeで年収を3億円稼ぐ20代の女性と、日本人の“素人”たち

 

 

 

京都のド田舎にある20人規模の運送屋で

トラックドライバーとして働く25歳の何の取り柄もないダメ男が、

ある日、自分のメディアを持ち、

そのメディアを活用したことによって、

数多くのファンを作り、大金持ちになった、

笑いあり、涙ありの感動&成功物語

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

まだ1位・・・??

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック

 

 

こちらのランキングにも参戦中!!

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック


にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ

ブログランキング