伊予松山を舞台に日清・日露戦争を描いた『坂の上の雲』全13話を先ほど観終わりました。

秋山好古・真之兄弟・正岡子規を始め、高橋是清・夏目漱石・広瀬武夫・児玉源太郎・東郷平八郎・乃木希典など、そうそうたるメンバーが出てきて、NHKが3年に渡って放送した司馬遼太郎の作品『坂の上の雲』は本当に名作でした。

先日は『真田丸』を観終わったところですが、U-NEXTで『坂の上の雲』を観終わり、司馬遼太郎や大河ってヤメられないし、得るものが半端なく多いってことに改めて気付かされました。

さて、この年末年始に次は何を観ようかな…(^_^)