【もくじ】はこちら

 

 

皆さん、今の会社に勤める時はもちろん就職活動をしましたよね・・・?

 

 

新卒で採用された方、転職をして中途で採用された方、

または、ヘッドハンティングされた方など色々おられると思います。

 

 

でも、今回は、

【『20人規模の会社で5年で役員になる』方法】について書いてますので、

20人規模の会社を想定してお話したいと思います。

 

 

 

まず、20人規模の会社であれば、多くの会社が、

「転職される方」を対象として募集されるでしょう。

 

 

いわゆる、「中途採用組」の採用ですね。

 

 

同じ20人規模の会社でも、

IT関連のベンチャー企業とかであれば

新卒採用をされてるかもしれませんが、

多くの20人規模の会社は、中途採用をされていると思います。

 

 

まず、20人規模の中小企業の採用活動ですが、

それはもう大変です・・・(^^;)笑

 

 

いきなり「大変です!」と言われても困りますよね・・・(笑)

 

 

何が大変かと言いますと、、、

 

まず、募集をかけても応募者がわんさかわんさか来るわけではありません。

 

 

そらそうですよね・・・

 

 

企業名が知れ渡っているわけではありませんし、

常日頃から「この会社で働きたい!」という方が

たくさんおられるわけでもないですから、

募集を出したからといって、

応募の電話がジャンジャン鳴るってのは絶対ありえません。

 

 

なので、募集の広告代を数万円かけて、

求人広告を2週間程掲載して、

電話が数件鳴って、面接1、2件して、採用ゼロ!

ってのはザラです・・・(^^;)

 

 

ようやく採用に至っても、

入社日に時間になっても待てど暮らせど来なかったり、

来たとしても、2~3日経ったら、

 

「やっぱ、私にはこの仕事合いませんわ・・・  ほな、さいなら。」

 

って、言われることもよくある話です(^^;)笑

 

 

であれば、

応募者がドンドンやって来る、魅力的な企業にすればいいんじゃない!

っていうご指摘はもちろん理解しておりますし、

そうなるべく必死に努力しているのですが、

コレも一朝一夕にそうなるわけではありません・・・(^^;)

 

 

誰もが通る「採用の苦労」をまず味わうことになるのです・・・

 

 

 

『20人規模の会社』に共通することがあります。

 

それは、

 

 

 

たった1人の社員の力で、

会社が見違えるように良くなるのです!

 

 

私はこの事を大学時代のアルバイトで学びました。

 

 

私は大学時代、祇園で飲食店のボーイのアルバイトをしておりました。

 

 

かわいいオネエチャンがお客様の横に座って接客する、

そう、そんなお店ですね・・・(^o^)

 

 

私がアルバイトで採用されて半年程経った後、

私と同い年のある男(Aくん)が社員として入って来ました。

 

 

20才の頃です。

 

 

彼が入って来てから、

  • 従業員の雰囲気
  • お客様の雰囲気
  • もっと言うなら、店の周辺の雰囲気

まで一変しました。

 

 

Aくんは、誰からも好かれるタイプの人間であることが

一番大きかったと思いますが、

それ以外に、「仕事大好き人間」でした。

 

仕事=遊び

 

と考えていたように思えてなりません。

 

 

あとは、コレは他の人間では

なかなか同じようにすることは難しいかもしれませんが、

Aくんの「体力」はハンパなかったです。

 

「お前、いつ寝てんねん!?」

 

って思うくらい寝なくても大丈夫な人間でした。

 

 

あとはもちろん、典型的に、

「仕事の出来る」人間でした。

 

「頭の回転」は周りの人間と比べてもズバ抜けてました。

 

 

そんな彼は、何も一流大学に出てるわけでもなければ、

特別な教育を受けてきたわけでもありません。

 

 

逆に、学校は中学校までしか出ておらず、

ここでは絶対書けないくらいの、

過去に数々の悪事を働いてきた(笑)

いわゆる「元ヤン」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、この大学時代のアルバイトの経験があるので断言できます。

 

 

『20人規模の会社』に共通することがあります。

 

それは、

 

 

 

たった1人の社員の力で、

会社が見違えるように良くなるのです!

 

 

『20人規模の会社』の『社長』は、

 

たった1人の社員の力で、会社が見違えるように良くなる!

 

ということを分かっております。

 

 

私は、大学卒業後「大和証券」に一旦勤めて、

今の「栄興運」に就職したのですが、

その「大和証券」では、

 

たった1人の社員の力で、

会社が見違えるように良くなる!

 

ってのはありえません。 

 

 

そらそうですよね。

 

 

グループ全体で約13,000人の社員数。

新卒採用だけでも毎年約300人も採用している企業が、

 

たった1人の社員の力で、

会社が見違えるように良くなるわけがありません・・・

 

 

でも、たった20人規模の会社であれば、

 

たった1人の社員の力で、

会社が見違えるように良くなるのです!

 

 

なので、『20人規模の会社』の『社長』は、

そら「採用」に必死ですよね・・・(^o^笑)

 

 

なんせ、「採用」に成功すれば、

 

事業に成功する可能性がググッ!!と高まるかもしれませんからねぇ・・・

 

 

コレはもちろん、

「逆もまた然り」

です。

  • たった1人の社員の力で、会社が見違えるように良くなる。 ならば、、、
  • たった1人の社員の力で、会社が見違えるように悪くなる。

のです。

 

 

なので、

 

「採用」に失敗すれば、

 

事業に失敗する可能性もググッ!!と高まるのです。。。

 

 

このように、

『20人規模の会社』にとって「採用活動」とは会社の命運をかける

 

最も大事な仕事の内の1つなのです・・・!!

 

 

 

 

「その8 Part2」へ続く・・・

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

電子書籍『20人規模の会社で5年で役員になる方法』の購入希望者はこちら