とある『経営者セミナー』で学んだお話が

非常に印象に残っているのでお話させていただきます。

 

講演者としてお話されたのは、黒田クロ先生。

 

セミナーに引っ張りだこの先生です。

 

では、今からすっごいイイお話を7つしますね!

 

 

 

1. 教室を見渡して「赤色のモノ」を10秒間で10個探してください、と言われました。

 

 

結果、多くの方が赤色のモノ」10個見つけることが出来ました。

 

この実験の意図する事は、、、

 

 

 

 

を探せばが見つかる。

を探せばが見つかる。

を探せばが見つかる。

いい事を探せばいい事が見つかる。

嫌な事を探せば嫌な事が見つかる。

不満な事を探せば不満な事が見つかる。

愚痴を探せば愚痴が見つかる。

幸せな事を探せば幸せな事が見つかる。

不幸な事を探せば不幸な事が見つかる。

 

 

あなたは毎日『何』を探して生きていますか・・・??

 

 

 

2. あなたは、どこで死にたい・・・?

 

家?

 

病院?

 

え??

決めてないの・・・???

 

えぇ!!??

 

『死に方』決めてないの・・・・・!!!?????

 

 

 

 

http://kenjifukuda.com/wp-content/uploads/2012/07/300460_172770199469954_783667473_n.jpg

 

 

 

「死に方」は「生き方」です。

 

「死に方」を決めないと「生き方」は決められません。

映画・ドラマ・4コマ漫画の「起・承・転・結」も全て

「フィナーレ」をどうやって迎えるかを決めてからスタートや中盤の構成を考える。

 

人生も同じ!

 

まずは、

 

どうやって死ぬか?

 

どこで死ぬか?

 

いつ死ぬか?

 

何を成し遂げて死ぬか・・・・・・・?

 

など、「死に方」を決めなさい、と言われました。

 

それが、「生き方」だと・・・

 

 

あなたは『死に方』を決めていますか・・・?

 

 

 

 

 

 

 

3. 100円玉を上へ放り投げ、片手で掴んで手を広げたら、6回連続「表」だった。

 

 

では・・・

 

7回目は「表」か「裏」かどちらか・・・?

「表」だと思う人、手を挙げてください!

 

「裏」だと思う人、手を挙げてください!

この実験の意図する事は、、、

 

 

黒田クロ先生は、今まで何百回と講演をしてきたが、

全員「表」に手を挙げる。

全員「裏」に手を挙げる。

というパターンは今まで一度もなかったとの事です。

 

 

これは、人は、集団になれば必ず

「どちらかに分かれる」

という性質を持っているという事。

 

 

コレを知ることが大事ということである。

確かに、1つの事を会社全体で行なう時も、

「従業員全員が同じ意見で同じ方向を向く!」

って事はなかなかないですもんね・・・^^;笑

 

 

 

 

 

 

あと、もう1つ大事な事をおっしゃってました。

 

黒田クロ先生が、

「〇〇の人、手を挙げてください!」

と、言った時の受講者の「手の挙げ方」

黒田クロ先生は、その

「手の挙げ方」

を見ていたとの事です。

 

人生の成功する人は、手を「ピンッ!」と真っ直ぐ挙げる。

 

人生の失敗する人は、ヒジを曲げて「ダラ~」と挙げる。

手の挙げ方で人生の「成功」「失敗」が決まる!!

ということです。

 

 

 

 

 

要は、「チョットのこと」で人生が「成功」するか「失敗」するか決まる、

という訳である。

 

・靴の揃え方・・・

・トイレ掃除・・・

・座ってる時の姿勢・・・

など、「成功」する人はこんな「チョットのこと」を非常に大事にする。

 

そして、こんな「チョットのこと」に気を使い、全力で立ち向かう。

 

「失敗」する人に、

「お前、人生成功したいんやったら、手を挙げる時真っ直ぐピンッ!と挙げてみぃ!!」

と、言ってもやっぱり「失敗」する人は、

 

「そんなんで人生成功するわけない・・・」

「そんなんで人生成功してたらみんな簡単に人生成功するやん! 絶対ありえへん!!」

「ウソつけ!」

「あーだこーだ・・・」

と、言ってやっぱり真っ直ぐ挙げないとか・・・(^^;笑)

 

 

あなたは、「〇〇の人、手を挙げてください!」と言われた時、

手を「ピンッ!」と真っ直ぐ挙げる人ですか・・・?

 

 

 

4. 表裏一体

 

机にある1枚の紙を指さし、

 

「この紙の表はどちらですか?」

 

と、言われました。

 

 

「文字の書いてある方?」

「ツルツルの方? ザラザラの方?」

「どちらも表で、どちらも裏・・・??」

 

正解は、、、

 

「自分が表と思った方!!(^^;)」

 

この質問の意図する事は、、、

 

 

 

 

表裏一体

・ 紙の表と裏

・ 手のひらと甲

・ 朝と昼と夜

・ 仕事と遊び

・  ハゲてる人の頭とおでこ(笑)

線が引いてありますか・・・??

 

 

 

もう1つ・・・

 

黒田クロ先生は、こんな事もおっしゃってました。

「全部、組合せだよ・・・!」

 

 

「全部、組合せだよ・・・!」

・ アルファベット・・・26文字

・ ひらがな・・・48文字

・ コンピュータ・・・「0」と「1」の2進法!

世の中、難しい事を言っても、全部組合せで出来ているんだよ・・・

 

 

 

 

5. 「縁」

 

黒田クロ先生は、しきりに「縁」が大事だとおっしゃってました。

 

代々徳川家の剣術指南役として幕閣に重きをなした柳生家の『家訓』に、

 

小才は、縁に出合って縁に気づかず。

中才は、縁に気づいて縁を生かさず。

大才は、袖すり合った縁をも生かす。

 

と、ありますが、黒田クロ先生は、ここから少し付け足して・・・

 

大才は、ちょっとした変化(小変)に気付く。

中才は、痛い目にあった後(中変)気付く。

小才は、失った後(大変)気付く。 ← 大変になりますよ!!

 

と、おっしゃってました。

 

 

あなたは、

「縁に出会って縁に気づかない人」

「失った後じゃないと気付かない人」

になってないですか・・・??

 

 

 

6. 「OKK(おけけ)」 「3D」 「性病・・・?」

 

 

上の3つの単語は、全て黒田クロ先生の造語ですが、

さすが、黒田クロ先生・・・

全て「おもしろおかしく」それでいて「含蓄のある」造語となっております(^o^笑)

 

まずは、「OKK(おけけ)」

 

O(お)・・・思い込み

K(け)・・・決めつけ

K(け)・・・こだわり

これにはまった奴は「終わっとる」のでアドバイスしても無駄だとか・・・笑

 

 

次に、「3D」

 

これは、最近の映画やテレビではなく・・・

 

でも・・・

だって・・・

どうせ・・・

と、すぐ言う奴のことらしいです・・・笑

 

 

最後に、「性病」ですが、

 

これは、ホントは「性病」ではなく、「せい病」と表記すると思います^^;

 

意味は、

 

すぐ人の「せい」にする「病気」

 

なので、「せい病」!(笑)

 

 

 

あなたは、「OKK(おけけ)」 「3D」 「せい病」にかかってないですか・・・?(^o^;)笑

 

 

 

 

 

 

 

7. 全ての行動は自分で決めている・・・

 

 

黒田クロ先生が、ある人を指差し

 

「立ってください!」と言いました。

言われた男性はもちろん立ちました。

次に、その男性に、

 

「前に出てきてください!」と言いました。

言われた男性はもちろん前に出てきました。

そして、その男性に、

 

「ズボンをおろしてください!」と言いました。

言われた男性はもちろんズボンをおろしました。

 

とは、ならないですよね・・・^^;笑

言われた男性は、

 

「ちょ、ちょっと、、、それは、、、」

 

となりました・・・

 

黒田クロ先生は、その男性に畳み掛けました。

 

「立ってくれと指示して、立ってくれて、

前に出てきてくれと指示して、前に出てきてくれて、

ズボンおろしてくれと指示して、なんでズボンおろしてくれへんねん・・・!?」

言われた男性は、

「ちょ、ちょっと、、、それは、、、勘弁して、、、、、、」

 

(この間、場内は爆笑中です・・・笑)

 

 

黒田クロ先生:「おっし、分かった・・・ 許したろ・・・(^0^笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも通り、ここから黒田クロ先生の説明が始まります。

 

 

 

 

 

 

 結局、行動を決めているのは自分!

・  「立ってください!」と言われ、立ったのは自分が『立とう』と決めたから。

・  「前に出てきてください!」と言われ、前に出たのは自分が『前に出よう』と決めたから。

・  「ズボンをおろしてください!」と言われ、ズボンをおろさなかったのは、自分が『ズボンをおろさない!』と決めたから。

結局、行動を決めているのは自分!

今の自分があるのも、全て自分が決めてきた行動の結果。

誰のせいでもない・・・

○○のせいで・・・というなら、○○が「ズボンをおろせ!」と言ったら無条件にズボンをおろすのか・・・?

結局、今の自分があるのは、その都度、自分がその行動を決めてきたからである・・・!!

 

 

 

 

 

以上です。

 

どうですか? 勉強になりましたか・・・??(^^)

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。