その11. 田代社長と先斗町の料亭にて

 

✽✽✽✽✽✽

もくじはこちら

✽✽✽✽✽✽

 

前回までに登場した人物はこちら

 

 

 

その11. 田代社長と先斗町の料亭にて

 

 

俺は今、田代社長と夕食を食べている。

 

先斗町(ぽんとちょう)の料亭で、

京懐石を堪能しながら田代社長と話をしている・・・

 

俺は何て運のいい男なんだ。

 

ホント、今日も夢を見ているんじゃないかとマジで思う。

 

 

 

 

 

この日のために『夢・人生の目的』を考え、とりあえず、

千秋・森本・オヤジ・オカンの4人に俺の『夢・人生の目的』を話した。

 

俺の『夢・人生の目的』を聞いた時の4人のリアクションは、、、

 

4人とも俺が今までに見たこともないような顔をしていた。

 

そらそうだろう・・・

 

「喜んでくれている」というよりも、

「変な宗教に入ったんじゃないか・・・」というような感じで、

俺のことを心配しているような感じだった。

 

今まで適当に人生を生きてきた俺が、

『夢』とか『人生の目的』とかの話を急にし始めるんだから

しょうがないと言えばしょうがないだろう・・・

 

それでもまぁ、田代社長との指示とは言え、

この4人に俺の『夢・人生の目的』を話せたことで

俺の中で相当な覚悟が出来たことは間違いない。

 

そして、田代社長との約束を果たせたことは何よりの自信になった。

 

 

「ユージくん、君の夢や人生の目的を決めてきたかい・・・??

で、君の周りにいる人たちに、

その夢や人生の目的を話すことは出来たかな・・・??」

 

 

 

田代社長のその質問に、俺は、必死に考えた『夢・人生の目的』を伝え、

千秋・森本・オヤジ・オカンの4人にちゃんと話した事も伝えた。

 

「ユージくん、素晴らしい!!」

 

田代社長は満面の笑みで俺を褒めてくれた。

 

ホント、田代社長の笑顔は優しい。

 

この笑顔を見たいが為に、

もっと頑張ってもっと褒められたいと思ってしまう。

 

 

 

「では、次のステップに行こうか・・・」

 

 

「はい!」

 

それにしても、ここの料理は美味しい。

 

もちろん、今までこのような料亭に来たこともなければ、

このような美味しい料理を口にしたこともない。

 

このようなお店に、次はいつ来ることが出来るのだろうか・・・

 

弱冠30歳で、このような料亭に普通に来れる田代社長は

ホントにかっこいいと思う。

 

 

「では次に、ブログ・facebook・Twitter・YouTubeのアカウントを取得しよう。

ブログはアメブロじゃなく、ワードプレスがいいだろう。

ワードプレスはオープンソースのブログソフトウェアで、

完全な『マイメディア』として扱える。

もしワードプレスが難しいのであれば

始めはアメブロからスタートしてもいいけど、

最終的にはワードプレスに移行する必要がある。」

 

ブログ・ワードプレス・アメブロ・・・

美味しい料理に舌鼓を打ちながら必死にメモをする。

 

「ブログをただの日記だと勘違いしている人もいるけど、

これは大間違いだよ。」

 

「はい・・・」

 

 

「ユージくん、きみはこれからブログを育てていく必要がある。

 

ブログはただの日記でもなんでもなく、

24時間365日不特定多数の人間に向けて表現し続ける君の分身だ。

何度も言うけど、ブログはアメブロじゃなくワードプレスがいい。

アメブロは株式会社サイバーエージェントのサービスなので、

いつアカウントを削除されるかも分からない。

これは、facebook・Twitter・YouTubeにも言えることで、

これらはホントの意味での『マイメディア』とは言えない。」

 

「ワードプレスのブログが大事なんですね。」

 

「そうだね・・・

先程、facebook・Twitter・YouTubeは、

ホントの意味での『マイメディア』とは言えないと言ったけど、

始めのうちは『マイメディア』と捉えてドンドン活用したらいい。

ただ、facebook・Twitter・YouTubeの使用目的を理解しながら

活用する必要がある。」

 

「その使用目的とは何ですか・・・??」

 

「それは自分のブログに誘導するためだよ。

この目的を理解しながらfacebook・Twitter・YouTubeをやらないと

何のためにやっているのかが分からなくなり、

結局のところ続かなくなってやめてしまう・・・」

 

「私は今まではブログってただの日記だと思ってました。

ブログってとても重要なんですね。」

 

「確かに、ただの日記と思っている人は多い。

まぁ、ただの日記として何年も利用している人も確かにいる。

しかし、ブログはただの日記で終わらせてはもったいないサービスだよ。」

 

「そうですね。」

 

 

「では次に、ブログ・facebook・Twitter・YouTubeで

どのような情報を発信したら良いかを教えよう。」

 

 

「はい!」

 

美味しい料理を食べながら必死にメモを取っている。

 

今日、田代社長から聞いた事を明日からまた実践しないといけない。

 

そうすれば、田代社長はまた俺と会ってくれるだろうか・・・

 

 

「基本的にどのような情報でも良いけど、

常に、自分自身の夢と人生の目的を意識することと、

自分自身のファンを作っていくことを意識すること。

これを絶対に忘れてはいけない。

多くの場合は、自分自身の夢や人生の目的を叶えるためには

自分自身のファンを作っていく必要がある。

なので、夢・人生の目的=ファン構築となると思う。

それらを意識して情報発信をしていくようにする。」

 

「だから、始めに夢や人生の目的を決める必要があったんですね。」

 

「そうだよ。 夢や人生の目的を決めるのは全てのスタートなんだ。

前にも言ったけど、夢や人生の目的は途中で変わっても全然OKだけど、

まず夢や人生の目的が何にもなければ、

発信する情報なんてあるはずがない。

例え、何か情報を発信したところで、相手の心に響くなんてありえないよ。」

 

「はい、何だか分かるような気がします・・・」

 

「ユージくん、以上のことを踏まえて、

明日からブログ・facebook・Twitter・YouTubeで

ドンドン情報発信をしてみたらいいよ。

YouTubeは動画なんで、難しければ今すぐにはやらなくてもいい。

ただ、YouTubeはいずれ絶対にマスターする必要はあるけどね。」

 

「はい・・・」

 

「ユージくんも明日から『マイメディア』の所有者だね。 おめでとう!」

 

「ありがとうございます!」

 

田代社長からは今日もホントに貴重な話を聞かせてもらった。

 

ただただ田代社長には感謝するばかりだ。

 

でも正直俺はまだ何もやっていない。

 

『マイメディア』もまだ持っていない。

 

もちろん、俺のファンなんて一人もいない。

 

やった事と言えば、かろうじて、

俺の『夢・人生の目的』を決めたことぐらいだ。

 

このような料亭で、こんなに美味しい料理をご馳走していただき、

貴重な時間を割いて、貴重な話を聞かせてくれた田代社長に

ぜひ恩返しをしないといけない。

 

明日から行動に移して結果を出さないといけない。

 

かなりのプレッシャーだが、一度乗った船に今更降りるわけにはいかない。

 

今はそんな気分になっている・・・

 

 

「じゃあユージくん、改めて乾杯しようか・・・」

 

「はい、田代社長!」

 

「かんぱ~い・・・!!」

 

 

 

 

 

 

その12.へ続く・・・