その21. ステップメールという画期的なシステム

 

✽✽✽✽✽✽

もくじはこちら

✽✽✽✽✽✽

 

前回までに登場した人物はこちら

 

 

 

【その21. ステップメールという画期的なシステム】

 

 

ようやく『マイメディア活用ファン構築ライフ』の意味が分かった・・・

 

田代社長は、自分のメディアを活用してファンを作り続けてきたので

大成功を収められたということも分かった。

 

 

そして、田代社長のファンは今でも増え続け、

そのファン相手にビジネスをしていることも理解出来た。

 

例えば、料理本の販売や、ビジネス書の販売などもしておられる。

 

田代社長が書いた本を買うのは主に田代社長のファンだ。

 

熱心なファンは、田代社長の本を全て購入する。

 

田代社長が開くセミナーにも参加して、

田代社長のセミナーDVDも全て購入する。

 

 

「ファンとはそういうもんだよ。 

 

好きな歌手を想像してみたら分かりやすいと思うけど、

熱心なファンはその歌手のCDを全て揃えたいと思うもんだ。

 

写真集やポスターも買ってしまう。

 

そして、地元でライブがあれば、必死でチケットを手に入れ、

学校や仕事を休んででもそのライブに行く・・・」

 

田代社長はそのように言っていた。

 

 

「では、ユージくん自身のファンの作り方を教えよう。」

 

 

美味しそうなお造りが出てきたので、ひと切れつまもうかと思ったが、

慌てて箸を置き、再びペンとメモ帳を握り締めた。

 

 

 

 

「大事な考え方は、

『与えたモノ=受け取るモノ』だよ。」

 

 

「与えたモノ=受け取るモノ・・・??」

 

「そうだ。

将来、受け取るモノを多くしようと思ったら、与えて与えて与えまくるんだ。

そうすれば、自ずとファンは出来る。

では、何を与えたらいいのか・・・??

それは、『価値』だよ。 相手にとっての『価値』。

相手が『価値』を感じるものを与え続けたら、

その人は必ず君のファンになってくれる。

そして、君のファンになってくれた人は、

将来的に必ず君に報酬を与えてくれる。」

 

「報酬・・・??」

 

「そうだね。 ただ、始めのうちは“見返り”なんか気にしなくていい。

そんなものは後から付いてくる。

先程の好きな歌手の話をしたけど、歌手のように、

まずは歌を好きになってもらうことから始める。

そのために、一生懸命歌詞を作り、曲を作り、

そして出来上がった歌を一生懸命歌うんだ。

そうすれば、その歌に『価値』を感じてくれた人は、自然とCDを買い、

その歌手の写真集やポスターを買い、ライブ会場に足を運んでくれる。」

 

「まずは、一生懸命『価値』を提供するんですね・・・」

 

「そう、与えることのみ考えてればいいよ。

人生長いんだから、すぐに“見返り”を求める必要は全くない。」

 

「分かりました。」

 

 

「さて、話はメルマガに戻るけど、

ユージくんは“ステップメール”って

知っているかい・・・??」

 

「すみません、分かりません・・・」

 

「そっかそっか・・・(笑) 別にいいんだよ。

ステップメールとは、あらかじめ設定しておいたメール内容を

スケジュールごとに配信する非常に便利なシステムなんだ。

例えば、

1通目のメール・・・メルマガ登録直後。

2通目のメール・・・メルマガ登録日の翌日の午前8時

3通目のメール・・・メルマガ登録日の2日目の午前8時

4通目のメール・・・メルマガ登録日の3日目の午前8時

5通目のメール・・・メルマガ登録日の4日目の午前8時

6通目のメール・・・メルマガ登録日の5日目の・・・・・

という風にスケジュールごとに配信してくれる。

これがステップメールだね。

これは絶対にマスターしないといけない。

もちろん、僕も多用している。

ファン相手にビジネスをして、ファンに囲まれた生活を送るためには、

どうしてもこのステップメールを使う必要があるんだ。」

 

「そんな便利なシステムがあるんですね。」

 

「例えばユージくんの場合なら、

トラックや物流についての全10回のステップメールを作成するとしよう。

その1. 物流とは・・・メルマガ登録直後。

その2. 運送会社の仕事・・・メルマガ登録日の翌日の午前8時

その3. さまざまなトラック・・・メルマガ登録日の2日目の午前8時

その4. トラックドライバーの一日・・・メルマガ登録日の3日目の午前8時

その5. 物流業界の勢力図・・・メルマガ登録日の4日目の午前8時

その6. ・・・・・

というように、その10.までステップメールを作る。

一旦、ステップメールが出来上がったら、

あとはそのステップメールを多くの人に読んでもらえるように宣伝するだけだ。

ステップメールの最大の特徴は、申し込んだ時期に関係なく、

誰でも始めから読むことが出来ること。

これは画期的な仕組みとも言える。

もし君が望むなら、その10.で君が書いた本の紹介をしてもいい。

アフィリエイトをしてみてもいいだろう。

要は、ステップメールにキャッシュポイントを盛り込むことだって出来る。」

 

「ステップメールってなんだかスゴイんですね・・・」

 

「このステップメールは画期的なシステムだよ。

 

先程、デジタルコンテンツの最大の特徴は、無在庫で、コピーしても劣化せず、

いくらコピーしても経費がかからないという話をしたけど、

このステップメールもいわばデジタルコンテンツだよ。

1人がステップメールを購読しようが、

100人がステップメールを購読しようが経費は全く変わらない。

ということは、ステップメールを一度頑張って作ってしまうと、

後は申込みサイトにアクセスを流す努力をするだけでいい。

そして、ステップメールに申し込んでくれると、

あとはシステムが勝手にメール配信作業をしてくれる。」

 

「素晴らしすぎますね・・・」

 

「素晴らしすぎるよ・・・(笑)

ステップメールを最後まで読んでくれると必ずファンになってくれるように、

しっかりとしたステップメールを作っておけば、

自動的にファンを構築することだって可能だ。

実際、僕はこのステップメールを使って、ほぼ自動的にファン構築をしている。

そして、ユージくんにだってそれは出来る。」

 

「難しそうですけど、頑張ってチャレンジしてみます!」

 

「そうだ。 何事も最初から諦めちゃいけない。 前進あるのみ!!」

 

「了解です!!」

 

 

ステップメールって凄いな・・・

 

田代社長もこのステップメールを使って大成功を収めたんだろうな・・・

 

俺も早速やってみよう。

 

田代社長がおっしゃるように、

テーマはトラックや物流について書いてみよう。

 

逆に、今はそのテーマしか書ける自信がない。

 

どれだけの人が俺のステップメールを読んでくれるか分からないけど、

前進あるのみだ!!

 

「じゃあ、今日の講義はこの辺にしておこうか・・・??(笑)」

 

「はい! 大変勉強になりました。 ありがとうございました!!」

 

「じゃあ、最後にもう一度乾杯しよう。」

 

「はい!」

 

「かんぱ~い!!」

 

 

 

 

その22.へ続く・・・