その5. 本屋で目に飛び込んできた雑誌のキャッチフレーズ

 

✽✽✽✽✽✽

もくじはこちら

✽✽✽✽✽✽

 

【新たな登場人物】

 

浅井部長

ユージの先輩。 曲がったことが大嫌いなメチャクチャ怖い人。

トラックドライバーが天職だと思っている。

 

中村社長

エサカ運送の社長。 恰幅のいい温厚な社長。

ユージの父親とは小学校時代からの友人。

 

前回までに登場した人物はこちら

 

 

 

【その5. 本屋で目に飛び込んできた雑誌のキャッチフレーズ】

 

 

入社から3年・・・(ユージ 25歳の時)

 

 

俺は現在、エサカ運送の主任という立場で仕事をしている。

 

 

相変わらず部長の浅井さんには厳しく怒られることもあるけど、

以前に比べれば怒られる回数も徐々に減ってきた。

 

森本はまだ平社員のままだが、それでも俺と一緒に頑張っている。

 

今では、このトラックドライバーという仕事が楽しくて仕方がない。

 

これに関しては森本も同じらしく、

今までは「仕事をせずに遊んで暮らしたい・・・」

と事あるごとに言っていたけど、

今では「このトラックドライバーという仕事をトコトン極めてみたい!」

と言っている。

 

 

極端な奴やけど、

あぁゆぅ単純なタイプをヤル気にさせるのは意外と簡単なんやろうな・・・

と最近分かってきた。

 

ただ俺も、

「このトラックドライバーという仕事をトコトン極めてみたい!」という

森本と似たような考えを持っている。

 

 

この3年間はガムシャラに働いてきた。

 

こんなロクでもない俺を拾ってくれた中村社長への恩もある。

 

 

 

浅井部長には、「これでもか!」というくらい仕事を厳しく教えてもらった。

 

浅井部長からは、特に、

技術面よりも「仕事に対するマインド」などを教わった。

 

彼は尊敬に値する先輩だ。

 

 

 

森本は浅井部長の事が少し苦手みたいだが・・・

 

 

また、俺が頑張らなければいけない理由として、家庭の事情もある。

 

 

実は、オカンは、3年前に倒れて以来

何事もなかったかのようにスーパーとファミレスのアルバイトを続けていたが、

その後また体調を崩した。

 

 

最近は、上の妹が大学を卒業して負担が1人減ったので、

夜のファミレスのアルバイトは辞め、

昼のスーパーのアルバイトに週2、3回のペースで出勤している。

 

仕事の負担は減ったけど、

オカンはどことなく以前より痩せたような気がする。

 

オカンには、今まで散々苦労をかけてきた。

 

これからは俺が親孝行をする番だ!

 

 

また、銀行員であるオヤジの方も大変で、

会社からは、不景気のあおりを受けて

ボーナスのカットと大幅減給のダブルパンチを食らったらしい。

 

 

俺の家庭はそんな状況なので、俺も頑張って稼いで、

出来るだけたくさんのお金を家に入れないといけない。

 

そのために、今はガムシャラに働いている。

 

 

ただ、この運送業界は、

ヤル気がないトラックドライバーが多いことも事実であり、

この3年間ガムシャラに働いてきたら、

ヤル気のない先輩達を一気にごぼう抜きして、

中村社長から先月、主任という役職をいただいた。

 

これには、俺の教育係であった浅井部長とオカンが一番喜んでくれて、

オヤジも少し褒めてくれた。

 

 

あともう一つ嬉しい報告がある。

 

 

かわいい彼女が出来た。

 

行きつけのマクドナルドでお気に入りだった、

あの『千秋』という女の子だ。

 

 

 

 

年齢は22歳。

 

俺の3つ下だ。

 

現在、大学4年生で、軽音楽部に所属しており、

『ベンケイズ』というバンドのリーダー兼ボーカルを務めている。

 

彼女は大学卒業後も一般企業への就職はせず、

この『ベンケイズ』というバンドで頑張ってやっていこうと考えている。

 

 

 

 ある休日のこと・・・

 

 

千秋と森本と3人で四条河原町をプラプラ歩いていた。

 

 

 

森本は、俺と千秋が付き合ってからも、

普通に俺と千秋のデートに付いてくる。

 

千秋が「ちょっと買いたい本がある。」

と言うので大型書店に立ち寄った。

 

千秋がお目当ての本を探している間、

俺は適当に店内をプラプラ歩いていると、、、

 

 

『弱冠30歳で年収1億円の田代社長!! 

マイメディア活用ファン構築ライフ特集!!』

という雑誌の表紙のキャッチフレーズが目に飛び込んできた。

 

チョット気になったので、その雑誌を取って中身をペラペラめくってみると、、、

 

・弱冠30歳で年収1億円!!

・京都を中心に飲食店を30店舗展開!!

・横浜出身で、学歴は中卒!!

・奥様は元一流モデル!!

・愛車はプリウス!!

など、田代社長の紹介などが書かれていた。

 

そして、次のページには、

「田代社長は現在、

『マイメディア活用ファン構築ライフ』を送っている・・・」

と紹介されている。

 

『マイメディア活用ファン構築ライフ』って何や・・・??

 

 

その雑誌の記事に圧倒されながらも、

さらに次のページをめくろうとした時、、、

 

「ユージ、お待たせ!!」

と千秋がお目当ての本を買って戻ってきた。

 

「じゃあ、ボーリングでも行こうか~!!」

と森本が言い出したので、皆でボーリングに行くことになった。

 

 

 

「それにしても、あの田代社長って何者や・・・??

そして、『マイメディア活用ファン構築ライフ』って何や・・・??」

 

ボーリングをしている最終も、

さっき読んだ雑誌の記事の事が頭から離れなかった。

 

 

ボーリングで遊んだ後、カラオケに行った。

 

 

 

カラオケではお気に入りのバンドの歌を歌ったが、

相変わらず俺は歌があんまり得意じゃない。

 

森本の歌のレベルも俺と大差ないが、

千秋はさすがバンドのボーカルをやっているだけの事はある。

 

歌唱力がハンパない。

 

今すぐにでもCDを出せば、爆発的に売れる気がしてならない。

 

 

 

その日の夜・・・

 

 

家に帰ってからも、昼間見た雑誌の記事が気になっていた。

 

寝る前にパソコンを開け、田代社長の事をグーグルで調べると、

様々な記事が大量にヒットした。

 

ヒットした記事の中には、

『マイメディア活用ファン構築ライフ』に関しても多く書かれている。

 

そして、その中には嬉しい情報があった。

 

田代社長は横浜市出身の方だけど、

田代社長が経営する『イーカス』という会社は、

俺が住んでいる京都の伏見区にあるということだ。

 

「こんな近くに、こんなスゴイ人がいたとは・・・ しかも、まだ30歳・・・」

 

そこで、ある考えがひらめいた。

 

 

会社が伏見か・・・ 

もしかしたら会えるかな・・・??

 

 

そんな事を考えながら田代社長のブログの記事を2、3記事読んだ。

 

「もう12時か・・・ 明日も早いし、もう寝るか・・・」

 

明日からまた一週間が始まる。

 

運送会社の朝は早い。

 

俺も明日から5時起きの生活がスタートする。

 

今から寝ても5時間睡眠だ。

 

さぁ寝よう!!

 

 

しかし、目をつむっても『田代社長』の事が頭の中を駆け巡り、

なかなか眠りにつくことが出来なかった。

 

「会社が伏見か・・・ 会えるかな・・・ 会って話を聞きたいな・・・

 

何の話を聞く・・・??

 

そもそも、こんな俺の相手をしてくれるワケないか・・・

 

いや、思い切って会社に電話してみようかな・・・??

 

いや、いきなり電話したら失礼か・・・

 

じゃあ、どうやって会えるんや!!

 

でも、会ったところでどうする??

 

う~ん・・・ どうしよ・・・??」

 

 

その6.へ続く・・・