目次はこちら

 

 

前回から、『マイメディア活用ファン構築ライフ』

のお話をしているのですが、

なぜ、ファンを構築していく必要があるのか

疑問に思っているのではないでしょうか・・・??

 

 

ファンを構築していくことが、

なぜ、自分自身でお金を生み出すことにつながるのか・・・??

 

 

それは、

自分自身のファンに、

自分自身の商品を販売することが出来るから

です。

 

 

「おぃおぃ、そもそも自分自身の商品なんてないし、

ファンに対してムリヤリ売り込みをしろ!だと・・・!!」

と、勘違いして怒って帰るのだけはもう少し我慢してください・・・(笑)

 

 

そんな話なら、わざわざこの記事を書いてません・・・(^o^;)

 

 

私がここで『自分自身の商品』と言っているのは、

まさしく『自分自身』の事なのです。

 

 

要は、自分自身のファンに『自分』を売っていくのです!

 

 

私なら、私自身のファンに『福田健児』を売っていくということになります。

 

 

ではなぜ、自分自身のファンに『自分』を売っていくのが、

自分自身でお金を生み出すことにつながるのか・・・??

 

 

これからの時代は『コンテンツビジネス』が儲かります。

 

 

『Content is KING』と言っている人もいます。

 

 

『人生すべてコンテンツだ!!』と言っている人もいます。

 

 

私はそれらの意見には全て賛成です。

 

 

そして、そのコンテンツがまさしく『自分自身』であり、

『自分の商品』なのです。

 

 

有益なコンテンツはファンに喜ばれます。

 

 

今はfacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの時代なので、

有益なコンテンツはすぐに『口コミ』で広がっていきます。

 

 

そうなれば、自分のファンが更に自分のファンを作ってくれます。

 

 

まさしく、『ファンを構築』してくれるのです。

 

 

そして、新たにファンになってくれた方に、

またまた有益なコンテンツを提供する。

 

 

そして、そのファンがまたまた新たにファンを連れてきてくれる・・・

 

 

 

まだ1位・・・??

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック

 

 

 

 

 

 

では、ここで言っているコンテンツとは何なのか・・・??

 

 

要は、アナログコンテンツではなくデジタルコンテンツの事です。

 

 

まぁ、当たり前の話ですが・・・(笑)

 

 

デジタルコンテンツの最大の特徴は、

無在庫で、コピーしても劣化せず、

いくらコピーしても経費がかからないことですね。

 

 

要は、1万円のコンテンツが1個売れても100個売れても、

経費は同じだということです。

 

 

私は運送会社を経営しているのですが、

トラックを1台動かしても100台動かしても経費が同じってことはありえません。

 

 

単純に経費は100倍かかります。

 

 

無在庫で、コピーしても劣化せず、

いくらコピーしても経費がかからないなんて、

普通に考えたらありえないことなのです。

 

 

「でも、ファンに売り込みってやっぱり気が引けるなぁ・・・」

と考えているなら、このように考えてみてください。

 

 

自分の伝えたいことを伝えて、

「その気持ち分かるよ!」

「その考え分かるよ!」

「あなたも同じ悩みを抱いているんだ!」

「あなたも同じ苦しみを味わったんだね!」

「知らなかった事を教えてくれてありがとう!」

「苦しい時に優しい言葉をかけてくれてありがとう!」

「あなたのおかげで心が救われたよ!」

などの『共感』や『感謝』をいっぱい集める。。。

 

 

それらが、「ファンに『有益なコンテンツ』を提供する。」ってことです。

 

 

どうですか、チョット気が楽になりましたか・・・??(^^)

 

 

なので、当然のことですが、

絶対に『無益な売り込み』などしてはならないのです。

 

 

そんな事したら、一発で自分のもとから去っていきます。

 

 

一度去っていった方は二度と戻ってきてくれません。

 

 

常に『ファン目線』で物事を考える。

 

 

その気持ちは絶対大事です。

 

 

そうすれば、『ファン構築ライフ』の波に乗ることが出来ます。

 

 

それでは、次回は、

『マイメディア活用』に関して少しお話したいと思います。

 

 

お楽しみに!

 

 

続きはこちら

これからの人生において、マイメディアを持つことの重要性

 

 

 

京都のド田舎にある20人規模の運送屋で

トラックドライバーとして働く25歳の何の取り柄もないダメ男が、

ある日、自分のメディアを持ち、

そのメディアを活用したことによって、

数多くのファンを作り、大金持ちになった、

笑いあり、涙ありの感動&成功物語

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

まだ1位・・・??

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック

 

 

こちらのランキングにも参戦中!!

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック


にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ

ブログランキング