皆様はチャレンジ精神を常にお持ちですか?

 

最近、何かにチャレンジして失敗して「恥」をかいたことありますか?

 

仕事で考えてみると、、、

・社長に怒られた
・お客様に怒られた
・上司に怒られた
・失敗して同僚に笑われた

など、最近ありましたか?

 

「そういや、最近誰にも怒られてないし、誰にも笑われてないなぁ・・・」
という方。

 

それは大変危険ですよ・・・!

 

決して、「自分は完璧な人間やから・・・」
と勘違いしないでください。

 

完璧な人間などいるはずがありません!

 

では、最近なぜ誰にも怒られてないし、誰にも笑われてないのか・・・?

 

 

それは、あらゆる事にチャレンジしてないからです!

 

私が常に考えている事は、
「ノウハウがないからやらない。ではなく、やるからノウハウが出来る。」
です。

 

コレは個人でも会社でも同じ。

 

ちなみに、我が社は2012年3月に初めて平ボディのトラックを購入しました。

 

 

 

 

 

もともと、生コン輸送業からスタートし、
2003(平成15)年4月から箱車の仕事も始め、
最近新たに平ボディの仕事をしようと思っております。

 

「え・・? 福田さんは平ボディの仕事ってやったことあるの・・・??」

 

もちろん、ないですよ(笑)

 

シートのかけ方、ロープの締め方、全然分かりません(^^;)

 

我が社のドライバーの方が詳しいです。

 

そらそうですよね・・・(^^;)

 

私は自分の会社でしかトラックに乗った事がないので、
自社で平ボディの仕事を今までにしたことがありません。

 

逆に、我が社のドライバーはいろんな運送会社を渡り歩いて来ているので、
当然私より詳しいんですね。

 

先日もロープ掛けの縛り方の基本である「万力(まんりき)」を
我が社の従業員にバカにされながら教えてもらいました(^o^;)笑

 

今後、本格的に平ボディの仕事をスタートすると、
もっともっと恥をかき、いろんな方にもっともっと怒られるでしょう!

 

私自身も恥をかき、怒られ、笑われ、
ドライバーの大失敗の為にお客様から大目玉をくらうこともあるでしょう。

 

しかし、失敗を重ねて恥をかき続けてこそ、
真の「ノウハウ」を得ることが出来るんですよね。

 

なので私の中で、

・知らないから・・・
・やった事ないから・・・
・失敗したら怒られるから・・・
・失敗したら恥ずかしいから・・・

などという選択肢はそもそもありません。

 

今は我が社の従業員に笑われてますが、
トコトン現場に出て、1年後には我が社で一番詳しくなる自信もあります。

 

コレに関してはこの「平ボディ」に限らず、どの分野でもです。

 

このお話の続きは『チャレンジ精神 その2』でお話しますね(^^)