京都府トラック協会の「他業界からトラック業界へ人を呼び込むためのパンフレット」が出来上がりました。

京都府トラック協会,パンフレット,他業界からトラック業界へ人を呼び込むためのパンフレット,トラックに乗ろう、そして、届けよう思いを!,栄興運,さかえこううん,廣瀬亮太,ひろせりょうた
京都府トラック協会,パンフレット,他業界からトラック業界へ人を呼び込むためのパンフレット,トラックに乗ろう、そして、届けよう思いを!,栄興運,さかえこううん,廣瀬亮太,ひろせりょうた
京都府トラック協会,パンフレット,他業界からトラック業界へ人を呼び込むためのパンフレット,トラックに乗ろう、そして、届けよう思いを!,栄興運,さかえこううん,廣瀬亮太,ひろせりょうた
京都府トラック協会,パンフレット,他業界からトラック業界へ人を呼び込むためのパンフレット,トラックに乗ろう、そして、届けよう思いを!,栄興運,さかえこううん,廣瀬亮太,ひろせりょうた
京都府トラック協会,パンフレット,他業界からトラック業界へ人を呼び込むためのパンフレット,トラックに乗ろう、そして、届けよう思いを!,栄興運,さかえこううん,廣瀬亮太,ひろせりょうた
京都府トラック協会,パンフレット,他業界からトラック業界へ人を呼び込むためのパンフレット,トラックに乗ろう、そして、届けよう思いを!,栄興運,さかえこううん,廣瀬亮太,ひろせりょうた

当社からは2名のドライバーが協力してくれて、このパンフレットに写真入りで掲載されています。

トラック業界全体でドライバー不足に関して危機意識を抱いています。

いくら「ものづくり」を進めても、それを運ぶトラックがないと経済が回りません。

メーカー単体で見ても、やはり運ぶトラックがないとお困りになられるはずです。

我々運送業界は他の業界(例えば、メーカーで働く作業員、販売会社の営業マンなど)と違って、どれだけ優秀な社員でも(どれだけ優秀なドライバーでも)、無能な社員と比べて2倍、3倍と成果を上げる事が出来ません。具体的に言うと、いくら優秀なドライバーでも1人でトラック2台、3台と運転出来ないのです。

なので、まずは日本全体で必要なトラックの台数分のトラックドライバーが必要なのです。

なので、トラックドライバーが減れば減るほど、運送会社も遊んでいるトラックを抱えていられなくなり、トラックの台数は必然的に減っていきます。

現在、運送会社は“トラックドライバー不足&トラック不足”に陥っています。

そして、その現状に追い打ちをかけるように、『働き方改革』の名のもと、様々な規制に悩まされています。

どちらにせよ、現在の状況を打破しないと運送業界の未来はありません。

現在は大手運送会社が軒並み値上げ交渉に踏み切っています。

この値上げ交渉も運送業界が生き残る上で絶対に必要な事だと思います。

我が社も明るい未来を切り開いていくために、必死に頑張っていきたいと思っております。

株式会社栄興運の求人(募集)情報はこちら