物流ウィークリー,物流Weekly,ユーシン精機,パレタイジングロボット,物流現場,自動化,PAシリーズ,プラスチック射出成形品取出ロボット,プラスチック取出ロボット,PA-20,PA-40,稲野本部長,直交型ロボット,PAシリーズ

『物流ウィークリー』の2020年(令和2年)7月13日号に、当社の顧客であるユーシン精機様の記事が掲載されているのを見つけました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~

2020年(令和2年)7月13日(月曜日)(5)

物流現場の自動化に貢献

ユーシン精機 パレタイジングロボット

~・~・~・~・~・~・~・~・~

パレットなどに段ボールを積み上げるパレタイジングロボット「PAシリーズ」を開発し受注を開始したとの事です。

プラスチック射出成形品取出ロボットの開発で培った技術が生かされ、物流現場などでの人手不足によるパレタイジングの自動化に貢献する、との記載。

確かに、メーカーや物流業界にとって役に立つロボットだと思います。