本日、生コン輸送中の我が社の10tミキサー車が、

クラッチ盤が破損してギアが入らなくなり動けなくなりました。

 

 

コレはヤバイ!!ってことで、私も急遽現場へ・・・・・

 

 

急遽レッカー車を呼び、

修理工場まで生コンを10トン積んだ状態でレッカー移動することに・・・

 

 

 

福田健児は今何位?

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック


社長ブログ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

『生コン工場で積み込んだ生コンは、

製造開始から90分以内に現場で排出しなければならない。』

というルールがあります。

 

 

生コンは『生モノ』なので、時間が経つごとに品質が落ちていきます。

 

そして、固まり始めます・・・・・

 

 

生コンを積んだ状態で、コンクリートミキサー車が故障すると、

積んでいる生コンが徐々に固まり始めます。

 

 

エンジンがかかっている状態だと、ドラム(タイコ)が回転しているのでまだ大丈夫ですが、

もしエンジン故障などでエンジンが止まってしまうと、

ドラム(タイコ)を回させることが出来ないので、たちまち生コンが固まり始めます。

 

 

コレは恐怖です

 

 

ドラム内で固まってしまうとミキサー車を廃車にしないといけなくなるので、

固まる前にどんな手を使ってでも、生コンを外に出さないといけません!!

 

 

ただ、今回は、エンジンには支障がなかったのでまだ大丈夫でした。

 

 

しかし、ドラムを回すことができても、徐々に生コンが固まってくるので、

レッカー車を待っている時間はかなり長く感じられました・・・・・

 

 

1時間ほどしてようやくレッカー車が到着!!

 

 

前もって修理屋には、

「生コンを10トン積んでいるので、車両重量と生コンを合わせて計20トンあるし、

それなりのレッカー車を寄越してくださいね~」

と言ってありました。

 

 

さて、来てくれたレッカー車は、20トンあるミキサー車(生コン満載)を

持ち上げることが出来るのか・・・・・

 

 

動画を撮ったのでご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

今回のブログ記事を読んでいただいた方は、

facebookの『いいね!』のように、「読んだよ~♪」というサインで、

【社長ブログランキング】をクリックしてくださいね

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック


社長ブログ ブログランキングへ

clickclickclickclickclickclickclickclickclickclick

 

 

 

 

 

あなたも『福田健児のメルマガ』の読者になりませんか?

 

京都のド田舎にある従業員20人規模の運送屋の跡継ぎバカ息子が、

2011年2月に突如ネット業界に姿を現し、

たった1年半で全国的に有名になった理由と、

26歳から役員として運送会社を経営してきた経験をもとに、

経営者としての

・心構え

・考え方

・理念

・人生哲学

・奮闘記

などを

『福田健児のメルマガ』

でお話しております!!

 

登録フォームはこちら クリック