『等価交換』って言葉がありますよね。

 

意味は、

「価格や価値の等しい物どうしを交換すること」

ですね。

 

与えたモノ=受け取るモノ

 

コレはまさしく『等価交換』と同じ意味となります。

 

コレは、普段の生活やビジネスにも当然当てはまります。

 

 

 

 

まず、一番分かりやすいのは、

『給料』

ですよね。

 

月給20万円って事は、

会社や、もっと言えば世の中に20万円分の労働価値を提供した証。

 

月給100万円って事は、

会社や世の中に100万円分の労働価値を提供した証。

 

月給20万円の人間が、月給を25万円に上げて欲しければ、

会社や世の中に25万円分の労働価値を提供する以外に方法はナシ!

 

月給20万円の人間が、月給を100万円に上げて欲しければ、

会社や世の中に100万円分の労働価値を提供したいところであるが、

そもそもその実力がないので、自分自身が100万円分の労働価値を提供できる

実力になる必要があります。

 

 

よく、「給料が低い!」と不平不満を言っているサラリーマンがいますが、

それは、

「私はそれだけの実力しかありません。」

「私は会社や世の中にそれだけの労働価値しか提供していません。」

と言っているようなもので、少し恥ずかしいことであります。

 

 

もし、今もらっている給料が少なくて不満に思っているのであれば、

社長や上司に、

「給料上げてください!」

と言うことじゃなく、やる事は、

会社や世の中に今以上の労働価値を提供することと、

自分自身の実力を上げること

それ以外に良い方法はありません。

 

あなたが、今もらっている給料が30万円であれば、

どこの会社に行っても30万前後の給料でしょう。

 

あなたが、今もらっている給料が100万円であれば、

どこの会社に行っても100万前後の給料でしょう。

 

多少の誤差はあっても、だいたいそんな感じになるはずです。

 

なので、給料を30万円もらっている人間が、給料を100万円もらいたければ、

自分の実力を、給料を100万円もらえる実力に上げるしか方法はないのです。

 

 

この発想は、会社の売上や利益でも同じですし、

普段の生活に置き換えてみても同じです。

 

 

与えたモノ=受け取るモノ

 

 

また、このような考え方もあります。

『成功者になりたければ成功者を育てろ。』

 

 

私は会社の経営者という立場で、常にこの発想を持っております。

 

我が社の従業員の中で、真の成功者をつくりたい。

 

成功者を育てることで、自分自身も成功すると思います。

 

 

与えたモノ=受け取るモノ

 

 

ここで、理解しておかなければならないことは、

「与えた」後に「受け取る」のはもちろんタイムラグがあります。

 

すぐに「受け取る」ことは出来ないと思っておいた方がいいでしょう。

 

このタイムラグに結構耐えれない方が多いかもしれませんね・・・

 

すぐに「結果」が出ないと「ヤル気」が出なかったりします。

 

しかし、このタイムラグがあることは必ず理解しておく必要があります。

 

 

与えたモノ=受け取るモノ

 

 

与えたモノが少ないと、受け取るモノも多くありません。

 

逆に言えば、

受け取るモノが少ないってことは、与えたモノが少ないってことです。

 

 

この原理が分かると、今後の行動基準が明確になります。

 

とにかく、「与えることから始める。」

 

 

あなたは、

与えたモノ=受け取るモノ

の法則を理解していますか・・・??

 

 

 

 

 

 

p.s.

与えたモノ=受け取るモノ

は、数多くある私の好きな言葉の1つに過ぎません。

 

以下に私の好きな言葉を掲載させていただきますので、ご興味のある言葉があれば記事を読んでみてください。

 

(参照)

その1. 我以外皆我が師なり

その2. 鬼手仏心

その3. 真剣だと知恵が出る。 中途半端だと愚痴が出る。 いい加減だと言い訳ばかり。

その4. 『逆説の10カ条』 ケント・M・キース

その5. 未来投資

その6. せめて私くらいは・・・

その7. 与えたモノ=受け取るモノ

その8. 人を相手にせず、天を相手にして、おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。

その9. 明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。

その10. あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日。

その11. 社員が幸せでなければ、お客様は幸せになれない。

その12. 夢、志ある者に幸せあり。

その13. 水を飲む時、最初に井戸を掘った人を忘れるな。

その14. やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

その15. 人生-経営=0

その16. 『失敗』と書いて『せいちょう』と読む。

その17. 人生に失敗がないと、人生を失敗する。

その18. 夢を見るがいい、試すがいい、失敗するがいい、成功するがいい。

その19. 読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする。

その20. 自己投資は、いちばん高い利子をあなたに払う。

その21. 価値のトレード

その22. 億万長者はお金より知恵を残す。