【二重8の字結び】

ロープの端を2つ折にして『8の字結び』をつくる。

『もやい結び』と同様、

船を岸に固定するときなどに使用することもあるが、

水に濡れると解きにくくなる。

『二重止め結び』より強度が高く破断しにくい。

信頼性の高い結び方のため、

登山での命綱としてしばしば用いられる。

『ひもとロープの結び方.com』のウェブサイトはこちら

↓↓↓↓↓↓↓

クリックするとウェブサイトに飛びます。