私が尊敬する人で稲森和夫さんという方がおられます。

 

説明するまでもないですが、京セラ株式会社の創業者ですね。

 

京セラ株式会社は、本社が我が家から車で15分のところにあり、

私にとって馴染みの深い会社でもあります。

 

そんな稲森和夫さんが尊敬する人物の一人として、西郷隆盛が挙げられると思います。

 

 

 

 

 

 

ご存知のとおり、稲森和夫さんと西郷隆盛は同じ鹿児島出身です。

 

京セラ株式会社の社是をご存知ですか?

 

京セラ株式会社の社是は、

『敬天愛人』です。

 

 

常に公明正大 謙虚な心で 仕事にあたり

天を敬い 人を愛し 仕事を愛し

会社を愛し 国を愛する心

 

 

この『敬天愛人』という言葉は、まさしく西郷隆盛の言葉です。

 

非常に素晴らしい言葉だと思います。

 

 

さて、タイトルにある、

人を相手にせず、天を相手にして、おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。

という言葉ですが、これもまさしく西郷隆盛の言葉ですね。

 

で、私の大好きな言葉でもあります。

 

意味は、

人を相手にしないで常に天を相手にするように心がけよ。

天を相手にして自分の誠を尽くし、決して人を咎めるようなことをせず、

自分の真心の足らないことを反省せよ。

となります。

 

ここで、「天を相手にする」の『天』の意味ですが、

もちろん『空』を指しているのではなく、分かりやすく言えば『お天道様』の事ですよね。

 

周りの人は見てなくても、お天道様はよ~く見てるよ。

ってことだと思います。

 

 

さて、そこで私なりの解釈なんですが、、、

 

私はいつも

『人を相手にせず、天を相手にして』

の部分を、

『人を相手にせず、志を相手にして』

と考えて行動しています。

 

『志を相手にして』

って言うよりも、

『志を第一に考えて・・・』

って言った方が分かりやすいかもしれません。

 

 

どういうことかと言いますと、、、

 

生きていれば、いろ~んな事がありますよね。

 

いろ~んな人間とかかわっていかなきゃならない時もあります。

 

特に、ビジネスマンなら好きでもない人と関わらなければならない時は数多くあると思います。

 

もちろん、私もそんな場面にしょっちゅう出くわします。

 

そんな時、いつも私の『志』を思い出すようにしてます。

 

 

自分は何のために生きているのか・・・??

自分は何のために働いているのか・・・??

自分はなぜお金が必要なのか・・・??

自分の夢は何なのか・・・??

自分の人生の目的は何なのか・・・??

 

 

彼(彼女・あの人・コイツ・こんな奴)に腹を立てている場合じゃない!

(彼女・あの人・コイツ・こんな奴)の事をくよくよ考えている場合じゃない!

(彼女・あの人・コイツ・こんな奴)振り回されている場合じゃない!

 

俺の『志』は何なのか・・・!!!!!??

 

 

この考え方は、いかなる場面にも有効的です。

 

特に、経営者ならこの考え方は絶対に必要です。

 

そうでないと、会社や従業員を間違った方向に進める危険性もあります。

 

『志』に対する想いが強ければ強いほど、間違った方向に進む可能性は低くなります。

 

 

 

さて、皆さんは誰にも負けない程の『志』をお持ちですか・・・??(^^)

 

 

 

 

 

 

p.s.

人を相手にせず、天を相手にして、おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。

は、数多くある私の好きな言葉の1つに過ぎません。

 

以下に私の好きな言葉を掲載させていただきますので、ご興味のある言葉があれば記事を読んでみてください。

 

(参照)

その1. 我以外皆我が師なり

その2. 鬼手仏心

その3. 真剣だと知恵が出る。 中途半端だと愚痴が出る。 いい加減だと言い訳ばかり。

その4. 『逆説の10カ条』 ケント・M・キース

その5. 未来投資

その6. せめて私くらいは・・・

その7. 与えたモノ=受け取るモノ

その8. 人を相手にせず、天を相手にして、おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。

その9. 明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。

その10. あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日。

その11. 社員が幸せでなければ、お客様は幸せになれない。

その12. 夢、志ある者に幸せあり。

その13. 水を飲む時、最初に井戸を掘った人を忘れるな。

その14. やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

その15. 人生-経営=0

その16. 『失敗』と書いて『せいちょう』と読む。

その17. 人生に失敗がないと、人生を失敗する。

その18. 夢を見るがいい、試すがいい、失敗するがいい、成功するがいい。

その19. 読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする。

その20. 自己投資は、いちばん高い利子をあなたに払う。

その21. 価値のトレード

その22. 億万長者はお金より知恵を残す。