目次はこちら

 

 

前回のブログ記事はこちら

 

 

『私が副業を勧めているかどうかの答え』と

『その理由』をお話したいと思います。

 

現在、私は運送会社の社長の立場ですが、その私が、

我が社の従業員やその他の私の知り合いに『副業』を勧めているか

と聞かれれば“YES”だと答えます。

 

 

では、無条件に“YES”かと聞かれれば、それは違いますね。

 

やっぱり条件はいくつかあります。

 

絶対的な条件は、『本業に支障をきたさないこと』です。

 

会社の経営者であれば、当然の条件だと思います。

 

「スミマセン社長! 明日は別の仕事があるので、

こっちの仕事は休ませてもらいますわ~」

 

「あぁ、別にいいよ~♪」

と笑顔で答える社長はいないですよね(笑)

 

 

次に、『本業の仕事にプラスになること』

という条件が挙げられます。

 

副業を始めても、

お互いの仕事の引っ張り合いをするようでしたら意味がないですし、

長続きしないですもんね。

 

そして、私が副業を勧める最大の理由は、

この『本業の仕事にプラスになること』

ということなんですね。

 

どういうことかと言いますと、

副業でも本業にプラスになる仕事と、

マイナスになる仕事があると思います。

 

運送会社の運転手でも副業をしている人はいると思いますが、

ほとんどの運転手が本業にマイナスになる副業をしています。

 

例えば、副業で深夜の工事のガードマンをしたり、

深夜のコンビニのアルバイトをしたりとかですね。

 

そんな副業をしたばかりに、夜の決まった時間になったら、

「すみません、夜のバイトに行かなアカンので

ボチボチ上がらせてもらいますわ~」

と仕事が途中にもかかわらず帰ったりします。

 

そして、本業の方の評価がドンドン下がり・・・

 

そんなパターンの副業をしてる人って多くないですか・・・??

 

 

 

 

 

以前、私の小学校時代からの友人が、

本業の給料が下がったので、

深夜のラーメン屋でバイトをしているという話を聞いて、

「すぐに辞めろ!」と言ったことがありました。

 

本業は精密機械の部品を製造しているメーカーですが、

「本業に関係のないラーメン屋なんか行ってどないすんねん!

そんな事しても本業の評価が益々下がるだけで、

自分で自分の首を絞めているようなもんやで!」

とアドバイスしました。

 

その後、私の友人はどうしたか分かりませんが・・・

 

 

 

 

 

どちらにせよ、

「副業のおかげで本業に力を発揮できなくなり、

本業の会社からの評価も下がる」

という副業は絶対してはいけません。

 

以上のお話は、

会社が副業を認めていないとか、会社に黙って副業をしている

とかは関係ないですね。

 

会社が副業を認めていなくても、会社に黙って副業をしていても、

本業に支障をきたす副業はしてはダメです。

 

ただ、「いつかは本業を辞めて、この副業を本業にしてやる!」

というパターンなら話は別ですが・・・

 

 

まだ1位・・・??

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック

 

 

 

逆に、本業にプラスになる副業は私はOKだと思います。

 

本業にプラスになるんですから、ダメな理由がないですよね。

 

業種によって、本業にプラスになる副業は違ってくるので、

一概に、「この副業はOK!」「この副業はダメ!」とかは言えないですが、

私がお話している『アフィリエイト』は別にOKじゃないかと思います。

 

少なくとも、私はOKです。

 

ビジネスに関しての知識も得ることができ、

ITリテラシーもアップするのですから、

ドンドンやって欲しいと思います。

 

もちろん、トラックを運転しながら

ブログの記事を書かれたりしたら困りますが(笑)、

帰宅後、寝る前に1、2時間やるとかならドンドンやって欲しいですね。

 

毎晩ベロベロになるまで酒を飲んでバラエティ番組を観ている人間よりも、

毎晩『アフィリエイト』をしている人間の方が、

将来的に会社にとって必要となる人材となることは間違いありません。

 

そして、間違いなく、

そのような副業をやっている人間の方が本業でもバリバリ働いてくれます。

 

「ヤル気のある奴は何をやらしてもヤル気があり、

ヤル気のない奴は何をやらしてもヤル気がない。」

という福田健児の名言(迷言?)をご存知ですか・・・??(笑)

 

そういえば、私の尊敬する斎藤一人さんがある講演で、

「男性は“欲”がないから嫌いだ。」と

半分冗談・半分本気で言っていましたが、

つくづく私もそう思いますね。

 

「給料をアップするからこの仕事やるか・・・??」とチャンスを与えても、

ほとんどの男性がウダウダと出来ない理由ややらない理由を並べて、

結局やらないんですね。

 

「この仕事をやって早くレベルアップしないと、

後輩の○○に追い抜かれるぞ!」

とケツを叩いても、「別にいいですわ~」という返事が返ってきます。

 

『負けず嫌い』な男性や、

『何でもやるので給料を少しでも上げて欲しい!』という男性が

ホント少ないですね。

 

女性の方が、男性より“欲”もあるし、あらゆる“気持ち”が強い気がします。

 

これに関しては、年齢は関係ないですね。

 

『ゆとり世代』なども関係ないです。

 

40代でも50代でも60代でも皆同じですね。

 

結局は、『負けず嫌い』で根性のある奴が勝つ世の中

になっているので残念ですね。

 

ホント、最終的には根性勝負なのです・・・

 

 

さて、副業の話ですが、

自分自身のレベルアップに繋がる副業でしたら

やってみることをオススメします。

 

これは『自己投資』と同じ理屈です。

 

『自己投資』はお金が出ていきますが(将来的なリターンはありますが)、

副業はお金が入ってくるのでやる価値はありますよね。

 

そして、本業の足を引っ張るのではなく、本業にプラスになるのでしたら、

尚更やる価値があると思います。

 

もちろん、『アフィリエイト』や『ネットビジネス』だけが副業ではありません。

 

例えば、トラックの運転手であれば、

「トラックの整備について勉強するために

『トラック整備工場』でアルバイトしています!」

というのも本業にプラスになる副業だと言えます。

 

そして、何度も言いますが、実は、

そのようなトラックドライバーの方が本業でもバリバリ働いてくれます。

 

 

 

 

 

そのような観点からも、私は、

我が社の従業員やその他の私の知り合いに『副業』を勧めているか

と聞かれれば“YES”だと答えます。

 

 

あなたはどう思いますか・・・??

 

 

 

次回の記事はこちら

あなたは『ザイアンスの法則』をご存知ですか・・・??

 

 

 

京都のド田舎にある20人規模の運送屋で

トラックドライバーとして働く25歳の何の取り柄もないダメ男が、

ある日、自分のメディアを持ち、

そのメディアを活用したことによって、

数多くのファンを作り、大金持ちになった、

笑いあり、涙ありの感動&成功物語

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

まだ1位・・・??

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック

 

 

こちらのランキングにも参戦中!!

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック


にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ

ブログランキング