毎年、この時期が来ると世の営業マンは挨拶まわりで忙しいですね。

 

 

私も、この時期に挨拶まわりをしている1人です(笑)

 

 

で、いつもこの時期になると思うのですが、

なぜ皆、判で押したように、カレンダーを持ってくるのでしょうか・・・??

 

 

ウチのような小さな会社でも、こんなにたくさんいただきます。

 

 

 

 

 

コレがウチの10倍の規模の会社であれば、

カレンダーの数も10倍くらいになるのかな・・・??(笑)

 

 

ワードプレスとアメブロで1位と2位を独占かも・・・??
クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック

運輸業 ブログランキングへ
clickclickclickclickclickclickclickclickclickclick

 

 

 

カレンダーをいただくことに関しては、

もちろん嬉しいことには違いないのですが、

他社との差別化を図りたければ、もっと違うことをしてもいいのにな、と思います。

 

大企業ならまだしも、中小企業であれば、

カレンダーを配るのって、経費の無駄遣いじゃないかなとも思います。

 

そんなのは大企業に任せればいいのに・・・・・

 

 

年末の挨拶まわりでダメな営業マンの例は、

カレンダーを渡すことを目的として来る方ですね。

 

上司に、

「とりあえずカレンダーを配ってこい!」

って言われたから来ました!!みたいな・・・・・(^o^;)

 

『ガキの使い』ですね・・・(笑)

 

 

お客様へのアプローチは、もっと頭を使った方がいいと思います。

 

 

会社のカレンダーはあくまでも会社を売る材料なわけで、

自分を売る材料を配った方がいいですよね。

 

頭をひねればナンボでも出てくると思います。

 

ただ単に、会社のカレンダーを配るってのは、

「アナタのためには、私の頭をひねりませんよ・・・」

って言っているようなモンです。

 

 

ってな考えなので、

我が社ではカレンダーを作って配ろうなんてことはしません。

 

そんな事は大企業に任せます。

 

挨拶まわりも、基本は手ぶらで行きますね。

 

もし何か持っていくにしても、違う物を持って行きます。

 

それらに対して頭をひねる事に営業の醍醐味を感じないと、

営業マンをやっている意味がないと思いますよ!!

 

 

 

 

ワードプレスとアメブロで1位と2位を独占かも・・・??

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック


運輸業 ブログランキングへ

clickclickclickclickclickclickclickclickclickclick

 

 

 

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

 

あなたも『福田健児のメルマガ』の読者になりませんか?

 

京都のド田舎にある従業員20人規模の運送屋の跡継ぎバカ息子が、

2011年2月に突如ネット業界に姿を現し、

たった1年半で全国的に有名になった理由と、

26歳から役員として運送会社を経営してきた経験をもとに、

経営者としての

・心構え

・考え方

・理念

・人生哲学

・奮闘記

などを『福田健児のメルマガ』でお話しております!!

 

登録フォームはこちら クリック

 

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽