【引き解け結び】

ロープの先端に1つの輪をつくる結び方。

輪の大きさが変えられるので簡易的に物を固定することが出来る。

強度が低いので、仮止めなどに使用。

『すごき結び』『帆綱結び』とも呼ばれる。

『ひもとロープの結び方.com』のウェブサイトはこちら

↓↓↓↓↓↓↓

クリックするとウェブサイトに飛びます。