昨日、京都府トラック協会主催の『ドライバー研修』に行ってきました。

 

場所:タカラ物流システム株式会社様

時間:9:00~17:00

研修内容:
・車両に設定された不具合状態を実点検で体感する
・速度10キロ落とすことによる安全確保を体感する
・車両の特性を理論で知る

 

我が社のロジスティクス部門 田辺崇(たなべたかし)と行ってきました。

 

 

福田健児は今何位?

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック


社長ブログ ブログランキングへ

 

 

 

 

まず、『速度10キロ落とすことによる安全確保を体感する』研修をしました。

 

この研修に関しては、私自身は何回も体験しているので、

以前に書いたこの記事をご覧ください。

 

では、昨日の研修風景の動画をごらんください。

 

まずは、こちらです。

 

 

こちらもどうぞ。

 

 

私は、これらの研修は何度も体験しているので、昨日は裏方役に回りました(^^)

 

スピードガン(速度測定器)を持って、

皆さんがちゃんと指定された速度で車を走らせているかチェックをしていました。

 

では、その映像をお見せしましょう♪

 

 

見たことない方にとっては、貴重な映像となったのでないでしょうか・・・?(^^)

 

 

 

 

次に、『車両に設定された不具合状態を実点検で体感する』研修をしました。

 

では、ドラムブレーキの内部の動画をお見せしましょう。

 

ブレーキシューが動いているトコが見れますので、

コレも貴重な映像ですよ♪

 

 

『車両に設定された不具合状態を実点検で体感する』研修では主に、

運行前点検の訓練をしました。

 

 

 

 

『車両の特性を理論で知る』研修では、

・リアオーバーハングの距離や軌跡

・狭い場所にバック進入する方法

などを勉強しました。

 

まず、『リアオーバーハングの距離や軌跡』

 

リアオーバーハングは、

・4軸トラックで最大約85cm

・3軸トラックで最大約120cm

という事を教えてもらいました。

 

どんな大きなトラックでも、左右120cm以上は、

「ケツを振らない」との事。

 

コレは覚えておきたい数字ですね。

 

 

 

次に、『狭い場所にバック進入する方法』の研修

 

私も、一緒に行った田辺崇も実際にトラックに乗って練習しましたよ。

 

我が社のロジスティクス部門 田辺崇です♪

 

 

 

 

以上、長時間の研修が無事終わりました(^^)

 

 

今回の研修は、京都府トラック協会主催と言いましたが、

細かくは、『物流技術研究会』という団体が主催している研修会で、

最後に『修了証』までもらいましたよ(^o^)

 

 

 

 

 

以上、『ドライバー研修』のご報告でした。

 

 

 

 

 

今回のブログ記事を読んでいただいた方は、

facebookの『いいね!』のように、「読んだよ~♪」というサインで、

【社長ブログランキング】をクリックしてくださいね

クリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリッククリック


社長ブログ ブログランキングへ

clickclickclickclickclickclickclickclickclickclick

 

 

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

 

あなたも『福田健児のメルマガ』の読者になりませんか?

 

京都のド田舎にある従業員20人規模の運送屋の跡継ぎバカ息子が、

2011年2月に突如ネット業界に姿を現し、

たった1年半で全国的に有名になった理由と、

26歳から役員として運送会社を経営してきた経験をもとに、

経営者としての

・心構え

・考え方

・理念

・人生哲学

・奮闘記

などを『福田健児のメルマガ』でお話しております!!

 

登録フォームはこちら クリック

 

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽