2020年(令和2年)7月13日号の物流ウィークリーのトップ記事で気になる記事がありました。

物流ウィークリー,物流Weekly,事故時の天引き、どこまで?,従業員への求償権,ペナルティを科すべきか,就業規則にどう書くか,天引きより安心を,未来型の教育が必要,アート引越センターの裁判,福山通運事件,免責,賠償金,ドライバー負担,車両事故,無事故手当,荷物事故,荷物破損,商品破損,弁済金,懲戒処分,賠償制度,就業規則,損害賠償
物流ウィークリー,物流Weekly,事故時の天引き、どこまで?,従業員への求償権,ペナルティを科すべきか,就業規則にどう書くか,天引きより安心を,未来型の教育が必要,アート引越センターの裁判,福山通運事件,免責,賠償金,ドライバー負担,車両事故,無事故手当,荷物事故,荷物破損,商品破損,弁済金,懲戒処分,賠償制度,就業規則,損害賠償
物流ウィークリー,物流Weekly,事故時の天引き、どこまで?,従業員への求償権,ペナルティを科すべきか,就業規則にどう書くか,天引きより安心を,未来型の教育が必要,アート引越センターの裁判,福山通運事件,免責,賠償金,ドライバー負担,車両事故,無事故手当,荷物事故,荷物破損,商品破損,弁済金,懲戒処分,賠償制度,就業規則,損害賠償
物流ウィークリー,物流Weekly,事故時の天引き、どこまで?,従業員への求償権,ペナルティを科すべきか,就業規則にどう書くか,天引きより安心を,未来型の教育が必要,アート引越センターの裁判,福山通運事件,免責,賠償金,ドライバー負担,車両事故,無事故手当,荷物事故,荷物破損,商品破損,弁済金,懲戒処分,賠償制度,就業規則,損害賠償
物流ウィークリー,物流Weekly,事故時の天引き、どこまで?,従業員への求償権,ペナルティを科すべきか,就業規則にどう書くか,天引きより安心を,未来型の教育が必要,アート引越センターの裁判,福山通運事件,免責,賠償金,ドライバー負担,車両事故,無事故手当,荷物事故,荷物破損,商品破損,弁済金,懲戒処分,賠償制度,就業規則,損害賠償

「事故時の天引き、どこまで?」

「従業員への『求償権』」

「ペナルティを科すべきか」

「就業規則にどう書くか」

「トラックドライバーアンケート 『納得できない』が約8割」

「『天引き』より『安心』を」

「未来型の教育が必要」

「『アート引越センター』の裁判」

「福山通運事件」

など、運送会社の経営者としては気になるタイトルがズラリ…..

私も運送会社のイチ経営者として、「どちらが100%正しくて、どちらが100%間違えている」といった簡単な問題ではないことは分かります。

ちなみに、当社は、、、

荷物事故・交通事故などの損害賠償に関しては一切かかりませんので、未経験者や初心者の方でも安心して乗務していただけます!

株式会社栄興運の採用情報(求人・募集)はこちら