価値のトレード

皆様は、

『わらしべ長者』

のお話をご存知ですか?

 

ある一人の貧乏人が、

最初に持っていたワラを物々交換を経ていくにつれて、

最後には大金持ちになったお話です。

 

 

 

以下、Wikipediaからの引用です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

昔、ある一人の貧乏人がいた。

 

貧乏から何とかして逃れようと観音様に願をかけたところ、

「初めに触ったものを、大事に持って旅に出ろ」

とのお告げをもらった。

 

男は観音堂から出るやいなや石につまずいて転び、

偶然1本の藁しべに手が触れた。

 

男はお告げ通り、その藁しべを手に持って道を進んでいった。

 

ところが彼の顔の周りを、大きなアブが飛び回り、

わずらわしくて仕方が無い。

 

そこで男はアブを捕まえると、藁しべの先に結び付けてやった。

 

すると、かたわらで大泣きしていた男の子が

アブが結び付けられた藁しべを面白がり、

欲しいと言って来る。

 

男は観音様のお告げを信じて譲ろうとしなかったが、

男の子の母親が「ミカンと交換しよう」と申し出てきたので、

藁しべを男の子に譲り、代わりにミカンを受け取った。

 

さらに歩くと、喉の渇きに苦しんでいる商人がいた。

 

彼は男が持っていたミカンを欲しがり、

持っていた上等な反物との交換を持ちかけてきた。

 

男はミカンを譲り、反物を手に入れた。

 

一本の藁しべが上等な反物に代わったと喜んでいた男は、

侍に出会う。

 

その侍は愛馬が急病で倒れてしまったが、

急いでいるために馬を見捨てなければな らない状況にあった。

 

侍は家来に馬の始末を命じ、先を急ぐ。

 

男は侍の家来に反物と馬の交換を迫る。

 

家来は反物を受け取り、そのまま侍の後を追っていく。

 

男 が水を汲んで馬に飲ませたところ、

馬は元気を取り戻して立ち上がった。

 

男は馬に乗り、旅を続けた。

 

道を進んでいくと、大きな屋敷に行き当たった。

 

ちょうど旅に出かけようとしていた屋敷の主人は、

男に屋敷の留守を頼み、

代わりに馬を借りたいと申し出る。

 

主人は3年以内に自分が帰ってこなかったら、

この屋敷を譲ると男に言い出す。

 

男は承諾し、主人は馬に乗って旅に出発した。

 

3年待っても5年待っても主人が旅から帰ってくることは無かった。

 

こうして男は屋敷の主人となり、裕福な暮らしを手に入れることができた。

 

 

 

まさしく『価値のトレード』がうまくいったお話ですよね。

 

まぁ、『わらしべ長者』はおとぎ話なので、

「世の中、そんな甘くないよ~」

と思われる方もいるかもしれませんが、

このようなおとぎ話を参考にすることが大事だと思います。

 

 

例えば、

『経済活動』は人が何かモノやサービスを買うことで

成り立っていますよね。

 

あなたが勤めている(経営している)『会社』で考えてみれば

分かりやすいかもしれません。

 

世界経済も日本経済もあなたが勤めている会社も全て、

『価値のトレード』をしていることによって成り立っています。

 

意識せずとも、『価値のトレード』を日々行なっているんですよね。

 

 

さて、ここで考えて欲しいのですが、

この『価値のトレード』を自分自身に明確に当てはめてみてください。

 

目指せ、平成の『わらしべ長者』!!ですね(^^)

 

 

おとぎ話の『わらしべ長者』も始めはただの貧乏人でした。

 

コレは我々も同じだと思います。

 

始めから大金持ちの人はいるでしょうが、

私が言いたいのは、

「始めからベテランはいない!!」

ということです。

 

始めはみな素人からスタートです。

 

要は、知識ゼロ・技術ゼロからスタートなんですよね。

 

『わらしべ長者』で言うと、「わらしべ」しか持ってない状態ですね。

 

この「わらしべ」しか持ってない状態を、

「知識1・技術1」と考えてください。

 

この知識と技術が『1』しかない状態で、

どうやって知識や技術を『2』に上げて、

今、自分が持っているモノよりももっと良いモノを手にいれるか・・・!!??

 

今、『100』のレベルにいる人も、始めは必ず『1』だったはず。

 

それを、

『1』 ⇒ 『2』

『2』 ⇒ 『3』

『3』 ⇒ 『4』

・・・・・・・・・

『98』 ⇒ 『99』

『99』 ⇒ 『100』

とレベルを上げていったはずです。

 

 

では、どうやってレベルを100まで上げていったのか・・・??

 

コレはもう『自己投資』しかないですよね。

 

 

自己投資は、いちばん高い利子をあなたに払う。

 

 

ココで、『価値のトレード』の考え方が大事になってきます。

 

 

スタート時の『1』の価値をどのように提供して『2』にするのか?

 

お金を、本屋に売っている書籍と交換するのか?

お金を、教材や塾と交換するのか?

時間を、人と会うことと交換するのか?

時間を、新しいことにチャレンジすることと交換するのか?

知識(サービス)を、お金と交換するのか?

物を、お金と交換するのか?

 

 

自分の持っている限られたモノを、何と交換するのか・・・??

 

もしくは、

自分の持っている限られたモノを、何とも交換しないのか・・・??

 

 

 

 

もちろん始めは『1』しか持ってないので、

『50』や『100』のモノと交換することはできません。

 

しかし、自分のレベルが『50』になると、

少し頑張れば『60』や『70』のモノと交換できるようになります。

 

わらしべ長者が、「反物」と「馬」を交換できたように、です。

 

月収100万円稼ぐ人が、ウン十万円する高額の塾に入り、

月収300万円稼ぐノウハウを学ぶことができるように、です。

 

 

そのレベルに行くためには、

自分の価値をどのようにトレードするか・・・

 

 

 

 

私はテレビゲームをする人間ではないのですが、

テレビゲーム、特にドラクエやファイナルファンタジーなどの

RPG(ロールプレイングゲーム)をする人なら、

ゲーム上で『価値のトレード』をしょっちゅうやってるんじゃないかな・・・??

 

始めはレベル1だけど、経験値を貯めていって、

ドンドンとレベルアップしていくのと同じですよね。

 

 

ビジネスは、よく『ゲーム』に例えられますが、

誤解を恐れずに言うと、

ビジネスはRPGとそんなに変わらないと思います。

 

自分のレベルを上げていったり・・・

一緒に戦える仲間を増やしていったり・・・

持っているお金で武器を購入したり・・・

 

それらの中に、『価値のトレード』の考え方が、

山盛り含まれていますよね。

 

RPGの得意な人は、

そのやり方を実際の人生で実践したらイイと思います(^o^)

 

 

 

今何も持っていない方でも悲観的にならないでください。

 

そもそも、何も持ってないという方はいないはずです。

 

何かしら持っているはずです。

 

その持っているモノを何と交換するのか・・・??

 

一万円を何と交換するのか・・・??

 

・ 書籍代

・ 飲み代

・ パチンコ代

・ 食事代

・ 何かしらの教材

・ 趣味

・ 株式投資

・ インテリア

・ 歌舞伎町や祇園や宗右衛門町(笑)

etc…

選択肢は無限にありますね。

 

 

『時間』で考えてみてもイイです。

 

例えば、私はこの文章を祝日(秋分の日)に書いてます。

 

本日は休日です。

 

24時間というフリーの時間を所有してます。

 

何をしても誰からも文句を言われない24時間を所有してます。

 

その24時間の価値を何と交換(トレード)するのか・・・??

 

ちなみに、私は午前中は自宅で過ごし、

午後は会社に出勤してビジネスの勉強をしたり、

動画を収録してYouTubeにアップしたり、

ブログの記事を書いたりして過ごしました。

 

 

全て、『価値のトレード』を基準に判断して行動してます。

 

将来、価値を生まないとハナから分かっているモノに、

お金や時間を使うことは絶対しません。

 

決して、損得勘定で物事を判断しているわけではないので、

誤解しないでくださいね(^o^;)

 

 

参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

p.s.

価値のトレード

は、数多くある私の好きな言葉の1つに過ぎません。

 

以下に私の好きな言葉を掲載させていただきますので、

ご興味のある言葉があれば記事を読んでみてください。

 

(参照)

その1. 我以外皆我が師なり

その2. 鬼手仏心

その3. 真剣だと知恵が出る。 中途半端だと愚痴が出る。 いい加減だと言い訳ばかり。

その4. 『逆説の10カ条』 ケント・M・キース

その5. 未来投資

その6. せめて私くらいは・・・

その7. 与えたモノ=受け取るモノ

その8. 人を相手にせず、天を相手にして、おのれを尽くして人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。

その9. 明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。

その10. あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日。

その11. 社員が幸せでなければ、お客様は幸せになれない。

その12. 夢、志ある者に幸せあり。

その13. 水を飲む時、最初に井戸を掘った人を忘れるな。

その14. やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

その15. 人生-経営=0

その16. 『失敗』と書いて『せいちょう』と読む。

その17. 人生に失敗がないと、人生を失敗する。

その18. 夢を見るがいい、試すがいい、失敗するがいい、成功するがいい。

その19. 読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする。

その20. 自己投資は、いちばん高い利子をあなたに払う。

その21. 価値のトレード

その22. 億万長者はお金より知恵を残す。

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments