ヘッドライトはハイビームが原則とは知らなかった・・・!!

皆さん、ヘッドライトはハイビームが原則だということは知っていましたか・・・??

 

道路運送車両法は、

  • ハイビーム・・・走行用前照灯
  • ロービーム・・・すれ違い用前照灯

と定義し、夜間は原則ハイビームで走行するよう推奨されております。(義務ではありません)

 

なので、

  • 原則・・・ハイビーム
  • 例外・・・ロービーム

なんですね。

 

では、例外って何なのか・・・??

 

ここでいう例外は、

  • 前方に車が同じ向きに走っている。
  • 前方から車がこちらに向かって走っている。

だいたいこの2パターンでしょう。

 

なので、普段車を運転する時は『例外』パターンばかりなんですね(笑)

 

この『例外』パターン時にハイビームで走ると、減光義務違反となります。

 

こちらは道路交通法で義務化されているので注意が必要です。

 

ではなぜ、対向車から

「眩しいやんけ!!!」

って怒られる可能性もあるハイビームが原則なのか・・・??

 

ハイビーム,ロービーム

 

皆さんは、

夜間の走行中、車にはねられ死亡する高齢者のほぼ全員が、ロービームの車にはねられているって知っていますか?

 

高齢者をはねたドライバーに話を聞くと、皆が口をそろえてこう言います。

 

「気付くのが遅れた・・・」

 

原則ハイビーム

 

 

では皆さん、ハイビームとロービームの照射距離をご存知ですか・・・??

 

コレは基本なので覚えてくださいね。

 

照射距離は、

  • ハイビーム・・・100m
  • ロービーム・・・40m

なんですね。

 

 

次に、車の停止距離のお話をしましょう!

 

停止距離=空走距離+制動距離

 

この基本式は皆さんご存知ですね。

 

もしご存知なければ、この機会にぜひ覚えてくださいね。

 

  • 空走距離・・・運転手が危険を感じてからブレーキを踏み、ブレーキが実際に効き始めるまでの間に車が走る距離
  • 制動距離・・・ブレーキが効き始めてから車が停止するまでの距離

 

 

では、下の図をご覧ください。

 

 

 

ここで皆さんに質問です。

 

皆さんは夜間に車を運転する時、いつもだいたい時速何kmで走っていますか・・・??

 

 

ちなみに時速60kmで走っているとします。

 

時速60kmで走っている車は制動距離は44mです。

 

 

「あ!! 人だ!!!! 危ない!!!!!」

と気付いてから車が完全に止まるまで、44mも走るんですね。

 

意外と長いですよね・・・

 

 

 

次に、皆さんに違う質問をします。

 

ヘッドライトのロービームの照射距離って何mでした・・・??

 

 

原則ハイビーム

 

 

 

なぜ、夜間の走行中、車にはねられ死亡する高齢者のほぼ全員が、ロービームの車にはねられているのか・・・

 

なぜ、ヘッドライトはハイビームが原則なのか・・・

 

 

分かってもらえましたか・・・??

 

 

夜間、真っ暗な場所で、ヘッドライトをロービームにして時速60kmで走っていると、しっかり目の前を見ていても、急に飛び出してきた歩行者をはねてしまうんですね。

 

 

理論上は、歩行者をはねた後、車が止まるまで、まだ4mも走ります・・・

 

 

皆さんも、このような悲惨な事故を起こさないために、ぜひこれらの事は知っておいてくださいね。

 

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。