時速40kmで走ってる車が、ノンストップでコンクリートの壁にぶつかると・・・

時速40kmで走ってる車が、

ノンストップでコンクリートの壁にぶつかる時の衝撃って想像できますか・・・??

 

 

 

 

 

 

 

もし、体重70kgの人がシートベルトをせずに

時速40kmで車を運転していて、

ノンストップで コンクリートの壁にぶつかると

2,100kgの力で前に吹っ飛びます。

 

 

2,100kgですよ・・・!!

 

 

時速40kmで車を運転していて

ノンストップでコンクリートの壁にぶつかると、

体重の30倍の力で前に行こうとします。

 

 

体重が70kgなら、

「70×30=2,100kg」

です。

 

 

 

 

 

 

皆さんは、シートベルトの引っ張り強度ってどれくらいかご存知ですか?

 

シートベルトの単純引っ張り強度は3トン(3,000kg)程度あり、

普通乗用車1台を吊り上げるのに十分な強度があります。

 

なので、シートベルトをしているとよっぽどの事がない限り、

シートベルトが切れて体がフロントガラスまで持って行かれることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、

成人男性が両手両足で支えられる限界の重さは何kgかご存知ですか・・・??

 

もちろん体格などで変わってきますが、

一般的には150kgくらいだと言われています。

 

まぁ、普通に想像してもそんなもんですよね。

 

時速7kmで走ってる車がノンストップでコンクリートの壁にぶつかると、

約150kgの力で前に吹っ飛びます。

 

なので、もしシートベルトをせずに車を運転して、

ノンストップでコンクリートの壁にぶつかっても、

時速7kmまでならなんとか耐えれるってことですね。

 

 

しかし、シートベルトをせずにそれ以上のスピードで走って激突事故に遭うと・・・

 

 

コレに関するお話は、

車の正面衝突で、時速何kmまでなら両腕で衝撃を支えられるでしょうか??

でもお話しましたよね。

 

よろしければ、そちらももう一度目を通しておいてくださいね。

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。