ダウンタウンの松本人志と同じ事考えてた…

  

後出しジャンケンって言われると思うけど、、、乙武洋匡氏の不倫問題について、本日のワイドナショーでダウンタウンのまっちゃんが私が考えてた事と同じ事を言っていた。

(以下引用)

お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(52)が27日、自身がコメンテーターを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)で週刊新潮の不倫報道に対し、夫人の仁美さんと謝罪文を出した作家、乙武洋匡氏(39)について言及した。

松本は「この番組に出たコメンテーターがバタバタ倒れていくっていう…」と自虐的に笑いにしながら、乙武氏について「不倫の話は散々したので一旦置いておいて、日本国中の障害を持っている人たち、特に男性なんかにしたらすごい励みになるニュースではあると思う」と別視点から持論を展開した。

「たとえば障害を持つ親御さんとか、心配に思うこともあると思うけど、このニュースを見たとき、ちゃんと恋愛もできて、孫も見れるんやと明るく取った人も絶対いると思う」と力説。「そんなに悪く言うて欲しくない」と顔をしかめると、「われわれも必要以上に障害を持っている人に気を使いすぎちゃっている」と現状を分析した。

松本は「乙武さんが今度(番組に)帰ってきたときに、『このドスケベ』って頭をどつける気がする」と独特のいい回しをすると、「これを機に世の中が少しでも変な溝みたいなのが消えてくれればいい」と話した。

(引用ここまで)

「たとえば障害を持つ親御さんとか、心配に思うこともあると思うけど、このニュースを見たとき、ちゃんと恋愛もできて、孫も見れるんやと明るく取った人も絶対いると思う」という部分がまっちゃんと同じなんやけど、乙武洋匡氏が5人の女性と不倫した事は、障害を持って人生を悲観的に考えている方々に色んな希望を与えたと思う。

「異性に興味を持つ」

「異性が自分に好意を持って欲しい」

「異性と親密になりたい」

など、これらの感情はごく当たり前の感情だ。

しかし、体に障害を持っている人達は、おそらくそれらの感情は持ちつつ、なかなか行動に移すことが難しかったりするんじゃないだろうか…

でも、今回の乙武洋匡氏の不倫問題は、当然悪い事に違いないが、乙武洋匡氏は不倫の最中もただ単に自分だけ楽しんでただけじゃなく、自分以外の障害者の人達の事も考えて不倫行動をとっていたんじゃないかなと少し考えていました。

「ハンディがあっても、前向きに考え前向きに行動すれば、このように異性と普通に恋愛が出来るんだよ!」と…

乙武洋匡氏の不倫問題が出た時、コメンテーターの人達から出るコメントはほぼ100%非難や批判だったので、「自分の考えはおかしいのかな…」って考えてたけど、本日まっちゃんが自分と同じ考えの事を言ったので、「オォ!さすが俺の大好きなまっちゃん!」と思いました(笑)