女性ドライバーの活用方法

本日は、福岡県で運送業を営んでおられる女性社長のお話を聞いてきました。

 

以下は備忘録です。

 

2011年9月設立。保有台数9台。

社員13人中女性6人。

女性6人中、ドライバー2人、配車係2人、経理1人、社長1人。

 

2014年『トラガール』スタート。現在女性ドライバー2万人⇒2020年に4万人へ。

 

現在の日本全体のトラックドライバーは82万人。その内女性は2万人。← 2.4%

 

マザーズハローワークに子育て応援求人を出す。

「子育て中の従業員がいます」

女子トイレ完備

女性担当者が一緒に作業。

女性には女性が教える。万が一男性が教える時は男性は複数人にする。←お互いの為。男性も「セクハラ」で訴えられたら勝ち目無し。複数人いれば証言してくれる。

子供優先

子育て中のママは夜は飲みに行けないので、みんなで2ヶ月に1回女子のランチ会。

1. 責任を持たせる

2. 褒める、認める

3. 働く環境を整える

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments