日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社が定期コンテナ船事業を統合する話

先日、とある得意先主催のゴルフコンペで海運大手3社の事業統合の話が出ました。

 

かなり大きな話なので業界内では知られた話なのですが、改めて少し調べたので記事として残しておきます。

 

・日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社が定期コンテナ船事業を統合することを2016年10月31日に発表。

・新たに合弁会社を2017年7月に設立。2018年4月からのサービス提供を目指す。新会社の出資額は約3,000億円で、日本郵船が38%、商船三井と川崎汽船がそれぞれ31%を出資。

・2016年のコンテナ船事業の売上高は、日本郵船7,063億円(運航隻数98隻)、商船三井7,191億円(同92隻)、川崎汽船6,149億円(同66隻)で、統合後の事業規模は単純合計で2兆403億円(同256隻)。

・定期コンテナ船の世界シェアで約7%に達し、世界6位となる。

・海運市況の停滞が続いているとはいえ、コンテナ船事業が占める売上高は海運3社にとって大きい。日本郵船で約31%、商船三井で約42%、川崎汽船で約49%を占めている。


Comments

comments

Powered by Facebook Comments