新本社工場見学会&祝賀会にお招きいただきました

昨日は、お取引先であるユーシン精機様の新本社工場見学会&祝賀会にお招きいただきました。

 

運送会社である当社とメーカーであるユーシン精機様の関係は、当社は毎日4tトラックでユーシン精機様の製品を運搬させていただいているという、当社にとってユーシン精機様はお得意様という関係でございます。

 

ユーシン精機様の新本社は昨年12月にオープンされ、屋上には観賞用庭園もある7階建ての素晴らしい本社工場となっています。

 

第一部は新本社の工場見学をさせていただき、第二部はホテルグランヴィア京都にて祝賀会が催されました。

 

ユーシン精機,小谷眞由美,社長

 

ユーシン精機様は京都本社の東証一部上場企業ということもあり、祝賀会には京都府知事や京都市長なども来られてました。

 

また、一番驚いたのは日本電産の永守重信社長が来られていたことです。

 

永守重信,日本電産,創業者,社長

 

ユーシン精機の小谷眞由美社長のご挨拶は大変素晴らしく、創業期のお話なども聞かせていただき大変感銘を受けました。

 

また、日本電産の永守社長のご挨拶はもちろん素晴らしかったのですが、大変豪快な方で、会場の中は爆笑の渦でした。

 

私は永守社長を初めてお見かけしたのですが、こんなに面白い方だとは知りませんでした。

 

京都で生まれ育った人間として、また私もいち企業の経営者として、日本電産の永守社長に一度はお会いしたいと思っていたので、願いが叶って嬉しかったです。

 

歓談中にチャンスを見計らって永守社長に名刺交換をしていただきました。

 

ものの30秒くらいしかお話出来なかったのですが、そこでも永守社長の豪快さを体験することが出来ました。

 

よくもまぁ、初めて会った若造にそんな話が出来るもんだと度肝を抜かれました。

 

ここでは書けないくらいのNGワードが飛び出し、たった30秒でお金に変えられないくらいの貴重な時間を共有させていただきました。

 

2年前に堀場製作所の創業者である堀場雅夫さんの講演会を聞きに行った時、たまたま堀場雅夫さんとエレベーターが一緒になり、あの10秒ほどの時間を堀場雅夫さんと共有した時も、「お金に代え難い」と感じました。

 

その数ヶ月後に亡くなられたのをニュースで知り、何とも言えない気持ちになったのを今でも覚えております。

 

昨晩は、永守社長に最後にポンポンっと肩を叩いて「頑張りや!」と言っていただき、大変光栄でした。

 

また、祝賀会の席では、以前所属していた中小企業家同友会の京都の代表幹事のお二人にも再会することが出来ました。

 

祝賀会中お二人とは同じ席で、色んなお話をさせていただくことが出来ました。

 

といった感じで、昨晩は大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

1日を通して一番感じたことは、ユーシン精機様の製品を運搬させていただいている事の責任の重さです。

 

昨日の新本社工場見学会と祝賀会に参加させていただいて、改めてその責任の重さを認識致しました。

 

出来るだけ近いうちに、ユーシン精機様の製品を運ばせていただいているドライバー達と、私が見たこと・聞いたこと・感じたことなどを共有しようと思っております。

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。