『好成績でモチベもUP』 栄興運 ドラコンに参加 ~物流ウィークリー~

栄興運,ドラコン,トラックドライバーコンテスト

 

 

『物流ウィークリー』の今週号(2018年(平成30年)7月9日)に、当社の記事が掲載されました。

 

以下に、記事を掲載します。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~

2018年(平成30年)7月9日(月曜日)(13)

好成績でモチベもUP

栄興運 ドラコンに参加 

【京都】

昨年に引き続き、京ト協のトラックドライバーコンテストに参加した栄興運(福田健児社長、久世郡)の田辺崇部長。

同社は、以前から安全運転に対して意識の高揚を図るため、積極的に物流研究会やクレフィール湖東で行われる安全研修会などに参加している。その成果を発揮するために、今回もドライバーコンテストに参加し、日頃の腕前や技術を大会で披露した。

福田社長は、普段から社員に運転に対して厳しいことを言っている。管理職と一緒に安全運転をドライバーに教育している。

「大会に出場することで様々な刺激を受けられると思っている。上には上のレベルがあるので、他のドライバーの技術などを盗んでほしい」と話す。

できる限り、自社のドライバーを参加させたいと考えている同社長は、「自分の実力を知る機会だけでなく、他人の運転技術を見るだけでも参考になる。安全運転への刺激になれば、会社にとってもメリットになる。入賞も目標だが自分のレベルを知ってもらいたい。そこで結果が出せれば、仕事をする上で誇りにもなり、モチベーションにもつながると思っている」と考えを話す。

(中村優希)

~・~・~・~・~・~・~・~・~

 


Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。