居眠り運転で、スピードを130キロ以上出していた!?

2021年2月23日(火)にタイガー・ウッズが起こした事故の余波がまだ続いていますね。

3月に入り、彼は居眠り運転していたんじゃないかとの報道も出始めています。

現地報道によれば、事故現場の制限速度は45マイル(約72キロ)で、道幅が広く下り坂とあって70~80マイル(約112~128キロ)で飛ばす車も珍しくないようです。

事故状況から推測すると、タイガー・ウッズはもっとスピードを出していたとみられるとの事です。

まぁ、遵法精神は低いのでダメですね…..^^;

そして、緩いカーブだったらしいので、遠心力に耐えられなかったんだと思います。


私は運送会社の代表をしていることもあり、ライフワークとして昔から「車の運転に関する知識」について、ブログやYouTubeなどのSNSを使って情報発進をしております。

この世の中から悲惨な事故を1つでも減らしたいと思っており、それらについての記事は、カテゴリーの『悲惨な事故を1つでも減らしたい!』からご覧になることが出来ます。

例えば私が常々当社のドライバーに言っていることは、

「事故を減らすのは運転技術を上げることではなく、運転に関する知識を増やすこと。」

です。

簡単な例を挙げると、

「車のヘッドライトは、基本はハイビーム」

って事を知らないドライバーがメチャクチャ多いってのもその1つですね。

これは、何十年と乗っているベテランのトラックドライバーでも知らない人が多いです。



車の遠心力はスピードの2乗に比例して大きくなる

例えば、今回のタイガー・ウッズの事故の原因の1つとして、緩やかな下りのカーブなのに猛スピードで突っ込んでいったことが挙げられます。

遠心力ってホントに恐ろしくて、車のスピードの2乗に比例して大きくなります。

では、問題です。

  1. 車のスピードを30キロから60キロに上げると、遠心力は30キロの時と比べて何倍になるでしょうか?
  2. 車のスピードを30キロから90キロに上げると、遠心力は30キロの時と比べて何倍になるでしょうか?

(答え)

  1. 4倍
  2. 9倍

これが遠心力の怖さです。

車の遠心力はスピードの2乗に比例して大きくなるので、車のスピードを2倍に上げると、遠心力は22の4倍になり、車のスピードを3倍に上げると、遠心力は32の9倍になります。

これは何十年とトラックに乗っているベテランドライバーでもほぼ知らない知識です。

このような知識を増やしていくことが、悲惨な事故を減らす近道なんですね。

今回のタイガー・ウッズの交通事故から学ぶことはたくさんあると思います。

私も研究して、今後も様々な情報発信をしていこうと思っております。